政策法務推進計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007500  更新日 令和2年4月16日 印刷

政策法務とは

本計画においては、「政策法務」を

 

  1.「法をつくる」

  2.「つくられた法を執行する」

  3.「執行活動に対して提起された訴訟等に対応し、及び法の在り方を点検・評価する」             

 

というそれぞれの段階において、「法」を政策実現のための道具として活用することと捉えます。

 

政策法務推進計画の目的

本計画は、政策法務の推進のための基本的事項を定めることにより、政策法務への組織的な取組を、確実に、かつ、途切れることのないよう実践し、もって本市の行政運営上の課題や市民等の要望に法令の活用により対応する組織となることを目的とします。

 

政策法務推進計画の4つの柱

1.人材の育成

 研修の実施等

2.組織の充実

 政策法務主任の設置等

3.環境の整備

 法令・判例の解説等の入手を容易にすること

4.予防法務の実施

 行政リーガルドック事業等

政策法務研修の様子
政策法務研修のグループ討論の様子

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6067 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。