市街化調整区域における地区計画運用基準

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006781  更新日 平成28年12月22日 印刷

市街化調整区域における地区計画運用基準

 本市では、市街化調整区域に、地区計画を導入する際の基本的事項や活用できる地区計画の類型を定めた「市街化調整区域における地区計画運用基準」を策定しました。

(策定:平成27年2月13日、改正:平成28年12月22日)

 本運用基準は、市街化調整区域における既存の住宅地としての良好な住環境の保全を図ること、また、本市都市計画マスタープランにおいて、自然配慮型産業系土地利用ゾーンとして位置付けた、新川耕地の土地利用にあたっては、良好な景観や自然的環境の形成を図ることを目的としています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 都市計画課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6087 ファクス:04-7159-0954
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。