水道施設の耐震化状況

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002071  更新日 令和1年5月30日 印刷

浄水場施設の耐震化について

平成30年度末における配水池容量および耐震化率

総配水池容量(m3)

耐震化済容量(m3)

耐震化率(%)

39,900

39,900

100.0

 

水道管の耐震化について

平成29年度末における管路延長および耐震化率

管路種別

全体延長(m)

耐震管延長(m)

耐震化率(%)

基幹管路(1)

47,010

21,188

45.1

配水支管(2)

623,617

365,835

58.7

管路総延長((1)+(2))

670,627

387,023

57.7

 ※配水本管の耐震化については、避難所等への給水ルートを確保するため、令和6年度末までに耐震化率100%を目標に進めています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 水道工務課
〒270-0128 流山市おおたかの森西一丁目19番地 流山市上下水道局
電話:04-7159-3233 ファクス:04-7159-9604
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。