流山市地域の人材活用 登録の流れ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001532  更新日 平成29年9月15日 印刷

あなたの知識や経験、技能を活かしてみませんか?

生涯学習の まちの先生を募集!

 市では、文化、芸術、教養、スポーツその他さまざまな生涯学習に関する知識や経験、技能を活かすことのできる地域の人材を登録します。地域の人材として登録いただいた方は、自治会をはじめNPOや市、公共施設を運営する指定管理者などの要望により、まちの先生やまちの助っ人として活躍していただきます。
 pdf版の案内は下記をご覧ください。

 これまでの人材登録制度「流山市社会教育の人材確保及び活用に関する規則(昭和56制定)を廃止し、このたび「流山市生涯学習に係る地域の人材登録及び活用に関する規則」(平成24年4月1日施行)に作り直し、より人材が活用されることを目指しています。

1 登録の要件

 登録いただける方は、生涯学習活動に理解と熱意があり、次の要件に当てはまる方です。

  1. 生涯学習に関する知識、技能または経験があって市民に講義や実演などの学習支援をすることのできる方。
  2. 市内に居住、在勤、在学されている方で満20歳以上の方。
  3. 地域の人材として登録した立場を利用して政治活動や宗教活動、営利を主たる目的とした活動を行わないかた。

営利活動とは?

 登録した立場を利用してお稽古教室等を自ら主催することや、事業に相応しくない高額の謝礼金を受け取ることなどです。
 もともと、自ら教室等を主催している方が登録する場合は、自分の教室と切り離し、主催者からの要望で事業を行わなければなりません。受講者を自分の教室に誘導することを前提とした講義等を行うことはできません。

例えばこんなジャンル!

  • 学術、文化芸術またはスポーツのこと
  • 保険、医療または福祉のこと    
  • まちづくりのこと
  • 環境保全のこと 
  • 地域安全のこと
  • 人権のこと
  • 国際協力のこと
  • 男女共同参画社会のこと
  • 子どもの健全育成のこと
  • 情報化社会のこと
  • 科学技術のこと
  • 経済のこと
  • 消費者保護のこと ほか

2 地域の人材(登録者)の活躍の場

 登録者は、次の主催者のリクエストにより講座やイベントなどの市民講師を行っていただきます。

  1. 市民グループや自治会などが主催する講座やイベントなど
  2. 行政や公共施設を管理運営する指定管理者が主催する講座やイベントなど

3 登録の手続き、有効期間

登録の手続き

 登録を希望する方は、次の申請手続きを行っていただき、簡単な書類審査のうえ登録証を交付いたします。

1 自薦の手続き

 流山市生涯学習地域の人材登録申請書(第1号様式)(下記参照)に必要事項を記入のうえ、次の書類を添えて流山市教育委員会(流山市役所 生涯学習課)にご持参ください。

ア 知識または技能を有することを証明する書類(資格証、団体からの推薦書ほか)
 (注)申請時に原本をコピーします。
イ 登録に貼付する写真(縦3.0センチメートル × 横2.5センチメートル 脱帽)
ウ (任意)企画のある方は、流山市生涯学習地域の人材活用企画書(下記参照)

2 他薦の手続き

 人材として相応しい方を推薦しようとする方は、流山市生涯学習地域の人材登録申請書(第2号様式)(下記参照)に必要事項を記入のうえ、次の書類を添えて流山市教育委員会(流山市役所 生涯学習課)にご持参ください。

ア 被推薦者の承諾書
イ 知識または技能を有することを証明する書類(資格証、団体からの推薦書ほか)
 (注)申請時に原本をコピーします。
ウ 登録に貼付する写真(縦3.0センチメートル × 横2.5センチメートル 脱帽)
エ (任意)企画のある方は、流山市生涯学習地域の人材活用企画書(下記参照)

3 登録の期限

 登録証の期限は、登録証の交付日から3年を経過した日の年度(4月から翌年の3月まで)の末日までです。
 その後も登録を継続する場合は、新たに更新手続きが必要です。

例えば

 平成24年9月20日に登録証を交付となると・・・平成28年3月31日まで。

  • 平成24年度(平成24年4月から翌年3月) 平成24年9月20日に登録証を交付すると、
  • 平成25年度(平成25年4月から翌年3月) 平成25年9月20日で1年、
  • 平成26年度(平成26年4月から翌年3月) 平成26年9月20日で2年、
  • 平成27年度(平成27年4月から翌年3月) 平成27年9月20日で3年、の年度の末日まで。

4 登録者のPR(公表)

 登録者が地域で活用できるよう、市では市ホームページや(仮称)情報名簿、事業を主催する公共機関(公民館や生涯学習センターなど)にPRしていきます。その際、公表する項目の可否は、登録者自身の同意に沿って行います。

5 地域の人材登録の流れ

 登録者が地域で活用できるよう、市では市ホームページや(仮称)情報名簿、事業を主催する公共機関(公民館や生涯学習センターなど)にPRしていきます。その際、公表する項目の可否は、登録者自身の同意に沿って行います。地域の人材登録の流れは下記のとおりです。

  • 登録申請の手続き
  • 内容審査後、登録証交付
  • 事務局から登録情報を公開(ホームページ等)
  • リクエストにより登録者と事業主催者と協議(内容確認、謝礼、役割ほか)
  • 主催者とマッチング
  • 事業実施届出
  • 事業の開催(市民講師)
  • 事業の実施報告

6 登録事項の変更、取り消し

 登録した内容に変更が生じたら、速やかに市教育委員会に変更内容を申し出ていただきます。
 また、内容に偽りがあったり、地域の人材登録の本規則のルールに反する行為(政治活動、宗教活動、営利を主たる目的とした活動)があったときは登録を取り消すことになります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 生涯学習課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6106 ファクス:04-7150-6521
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。