児童扶養手当

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001246  更新日 平成30年8月1日 印刷

児童扶養手当の認定を受けている方へ 8月31日(金曜日)までに現況届の提出を

 児童扶養手当の認定を受けている方に現況届のお知らせを送付しました。送付された案内に記載されている必要書類を持参のうえ、現況届を提出してください。
 提出がされない場合は、平成30年8月分以降の手当の支給が停止されますので、ご注意ください。

 受付期間:平成30年8月31日(金曜日)までの8時30分から17時まで【休業日を除く】
※平成30年8月25日(土曜日)、8月26日(日曜日)は臨時で同時間帯で受け付けします。

 提出方法:印鑑(シャチハタ不可)、現況届のお知らせに記載されている必要書類を持参し、市役所子ども家庭課へ必ず受給者本人が来庁のうえ、提出してください。
 ※郵送や出張所、代理人による提出はできません。


   『出張ハローワーク!ひとり親全力サポートキャンペーン』
 ハローワーク松戸の臨時相談窓口を下記の日時で設置します。求職活動支援機関等利用証明書の押印・交付、お仕事についての「ご相談」、「お悩み」等について、 普段は忙しくてハローワークに行くことができない方は、ぜひ、この機会にご利用ください。
   流山市役所子ども家庭課 
 日時:8月9日(木曜日)、8月15日(水曜日)、8月23日(木曜日)、8月31日(金曜日)の午前10時から午前12時、午後1時から午後3時
   ジョブサポート流山(江戸川台駅前)
 日時:8月7日(火曜日)、8月17日(金曜日)の午後1時から午後3時
    8月21日(火曜日)の午前10時から午前12時
 ※問い合わせ・要予約:047-367-8609(ハローワーク松戸 就労自立支援コーナー)

児童扶養手当とは

 父母の離婚等により、父又は母と生計を同じくしていない児童を養育されているひとり親家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための制度です。
 離婚などにより、ひとり親家庭の父又は母が1人で子どもを育てながら働き、子どもと生活をするために必要な収入を得ることは大変なことです。このため、このような家庭の生活の安定と自立を促すために、国民の皆様が収めた税金をもとに、児童扶養手当としてひとり親家庭に手当を支給するものです。
 父又は母から養育費を受けている方は、養育費を児童扶養手当の支給を制限する所得の範囲に算入しますので、児童扶養手当の一部を減額させていただく場合があります。
 なお、児童扶養手当は申請日の翌月分からの支給となります。

受給資格について

 手当を受けることができる人は、次の条件にあてはまる18歳に達する日以後の3月31日までの児童を監護している母親、父親又はその児童を養育している人です。
 児童の心身に基準以上の障害がある場合は、20歳になる誕生日の前日が属する月まで手当が受けられます。
 国籍は問いませんが、外国籍の方は住民登録があり、一定の在留資格がある方に限ります。
  (1)父母が離婚した後、父(または母)と一緒に生活をしていない児童
  (2)父(または母)が死亡した児童
  (3)父(または母)が重度(国民年金の障害等級1級程度)障害にある児童
  (4)父(または母)の生死が明らかでない児童
  (5)父(または母)から引き続き1年以上遺棄されている児童
  (6)父(または母)が配偶者からの暴力の防止、被害者の保護等に関する法律による保護命令を受けた児童 
  (7)父(または母)が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  (8)未婚の母の児童
  (9)その他、生まれたときの事情が不明である児童
※父にあっては、父が児童を監護し、かつ、生計を同じくしている場合のみ該当します。

  ただし、次に該当する場合は、手当は支給されません。
 (1)児童が
    ・日本国内に住所がない
    ・児童福祉施設に入所している又は里親に委託されている
    ・父又は母の配偶者に養育されている(父又は母が重度の障害者の場合を除く。)
 (2)父、母又は養育者が
    ・日本国内に住所がない

公的年金を受給している方々へ

 これまで、公的年金を受給している方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。
 ※公的年金・・・遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

 【新たに手当を受け取れる場合】
・児童を養育している祖父母などが、児童扶養手当より低額の老齢年金を受給している場合
・父子家庭で、児童が児童扶養手当より低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が児童扶養手当より低額の遺族厚生年金のみを受給している場合 など

※受給している年金等額が手当額よりも低いかどうかは、年金証書などをご持参の上、ご相談ください。必要書類など詳細は、お問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6082 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。