ぐるっと流山 初石公民館まつり2017

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016118  更新日 平成29年9月12日 印刷

吹奏楽部による屋外演奏

 平成29年9月9日(土曜日)・10日(日曜日)、初石公民館で学習サークルの発表会「公民館まつり」を開催しました。
 今年で9回目を数える公民館まつり。今ではすっかり地域での恒例の公民館行事となり、多くの方々に楽しんでもらっています。

阿波踊りをステージで披露

 今年は、習字、はがき絵、生け花などの作品の展示部門で6サークル、音楽演奏、ダンス、踊り、お囃子、詩吟、民謡、手話コーラス、などの演技部門で19サークルの発表がありました。また、特別参加として地元の常盤松中学校、西初石中学校の吹奏楽部の出演があり、合計27サークルが発表しました。
 屋外の広場では、カレーや焼きそば、地元自治会による野菜の販売などが出店され、会場を大いに盛り上げてくれました。

展示会場の様子

 各サークルとも年に一度の発表会とあって、展示会場には各自の力作が並び、舞台上では熱のこもった演技が披露されました。特に、両中学校の吹奏楽部は、今年の千葉県の大会で金賞・銀賞を受賞したとのことで、テンポのよい楽しい曲を力いっぱいに演奏してくれました。客席からも自然に手拍子が出て、会場のムードも一気に盛り上がりました。

手話サークルの発表風景

 また、毎回参加して賑やかに阿波おどりを発表している千葉葵連の後に、今回はじめて出演した手話サークルさつきの会の手話コーラスが注目を集めていました。耳の不自由な方を交えた20人程のサークルで、今回は「365日の紙飛行機」、「小さな世界」の曲を、手話を交えてのコーラスで発表していました。舞台から歌詞の手話を指導してもらいながら、観客も一緒になって手話でコーラスを歌いました。舞台と客席の気持ちが一つになって、会場全体が自然に手話の世界に引き込まれていきました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。