東神開発との協定締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031585  更新日 令和3年7月20日 印刷

東神開発株式会社と「大規模災害時における駐車場等の一時避難施設としての使用に関する協定」を締結

 流山市と、東神開発株式会社(本社所在地:東京都世田谷区、代表取締役社長:倉本 真祐、以下「東神開発」)は、2021年7月16日に、流山おおたかの森ショッピングセンター本館(所在地:千葉県流山市おおたかの森南1丁目5番地の1、以下「同施設」)の駐車場等を大規模災害時における一時避難施設としての使用に関する協定を締結しました。

締結式写真

 この度の協定は、江戸川の氾濫などの大規模災害に備えて、市からの要請を受けて同施設の立体駐車場等を車で避難される方のための一時的な避難施設として使用するためのものです。

 特にコロナ禍の状況では、避難所の収容人数も少なくなるため、車での早めの避難、一時的な車中泊による分散避難は有効とされており、同施設は、浸水想定区域外の安全な場所にあることや、トイレの使用、携帯電話の充電スポットの開設など、避難者の安心安全に大きく貢献するものです。

 また、東神開発は、2007年の「流山おおたかの森ショッピングセンター」の開業以来、流山おおたかの森駅のランドマークとして、また、まちづくりのパートナーとして多大な貢献をしていますが、防災に関する協定は初めてのものとなります

今後も、東神開発と本市の連携体制がさまざまな面で一層強化され、防災・減災の面においてもつながっていくことが期待されています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。