防災行政無線の音量調整

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1032508  更新日 令和3年10月16日

印刷大きな文字で印刷

防災行政無線の音量調整

  防災行政無線の聞こえ具合を改善するため、東部地区においては平成24年12月以降、その他の地区においては平成25年6月以降、屋外子局毎に、その設置地域の特性に応じて音量を上げる一方、夕方のメロディ放送(家路)の音量を下げて放送してきました。
 しかしながら、未だメロディ放送の音量が大き過ぎるとのご意見をいただき、メロディ放送の音量を更に下げて運用しています。このため、メロディ放送が聞こえ難くなった地域もあると思いますが、放送の聞こえ具合の改善と屋外子局近傍における市民生活への支障を防ぐための処置でありご理解いただきますようお願いします。

「緊急地震速報訓練」及び「防災行政無線の試験(聞こえ具合アンケート)」

 流山市では、平成24年6月、12月、同25年6月の3回、消防庁主催のJ-ALERT(全国瞬時警報システム)と防災行政無線を使用した「緊急地震速報」の訓練放送(以下、訓練放送という)の実施に併せて、各自治会のご協力を得て、防災行政無線の運用試験と聞こえ具合のアンケート実施しています。
 次に、それぞれの試験の概要と結果を掲載しています。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。