防災行政無線

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003713  更新日 令和2年10月9日 印刷

 流山市では、市民の皆さまに対し災害時等における情報伝達手段の1つとして、市内79カ所に防災行政無線を整備しています。防災行政無線の屋外子局(スピーカー)は、お住いの地域の地理的条件や気象条件、建物の状況等により、聞こえなかったり、不明瞭な場合があります。聞き取れなかった場合には、防災行政無線テレホンサービス(0120-78-3170)により電話で聞くことができますので、ご利用ください。

熱中症予防の放送について

 毎年、猛暑による熱中症等で救急搬送される方が増加しています。市では、気温が上昇し、熱中症への注意喚起が必要な場合は、防災行政無線を使って、注意を呼びかけます。呼びかける目安は、暑さ指数(WBGT※気温とは異なる)が33℃に達した場合、または暑さ指数が31℃以上で、かつ直近の予測値が33℃以上となった場合です。なお、暑さ指数が31℃以上に達した場合は、安心メールにより、屋外における運動の中止等を呼びかけます。

放送内容

  • 流山市からお知らせします。
  • 熱中症の危険が非常に高くなりました。
  • 屋外における運動や作業を中止してください。
  • 高齢者や乳幼児は外出を避けてください。
  • マスク着用により、熱中症となる危険が高くなります。
  • 人と2メートル以上離れている場合は、適宜マスクを外し休憩しましょう。

 ※ 2回繰り返し

 暑さ指数(WBGT)は、地域等によって差異があり、また、個人の健康状態や作業環境等によっては、これらより低い気温等においても熱中症等になる危険性がありますので、次のホームページ等を参考にし、各家庭や事業所等毎に熱中症の予防に心掛けてください。

緊急地震速報について

 この速報は、気象庁が地震の発生直後に、各地での強い揺れ(震度5弱以上)の到達時間や震度(震度4以上)を予測し、強い揺れの前に自らの身を守るために可能な限り素早くお知らせする情報です。また、事前の予測である以上、実際は強い揺れが発生しない場合もありますので、御理解をいただきたいと思います。

放送内容

  • 緊急地震速報のチャイム音
  • 緊急地震速報(きんきゅうじしんそくほう)
  • 大地震(おおじしん)です。大地震(おおじしん)です。

    ※ 3回繰り返し

  • こちらは防災流山(ぼうさいながれやま)です。

 

地震を感知したら

 緊急地震速報のほか、市に設置している地震計で、震度4以上の揺れを感じた場合は、防災行政無線が放送されます。

震度4の放送内容

  • こちらは流山市です。
  • ただいま、地震がありました。
  • 皆さん落ち着いて行動してください。
  • まず、身の安全を守り、火の始末をしてください。
  • あわてて、外へ飛び出さないでください。

放送内容が分らなかった時は・・・

 防災行政無線で放送した場合は、その内容を、「防災」ページの一番上の「防災に関する主要なお知らせ」への掲載、「防災行政無線テレホンサービス」での案内、安心メール(災害・火災メール)、ツイッター及びJ:COMチャンネル東葛の文字放送での配信をします。 

「防災行政無線テレホンサービス」に電話をおかけください。

 平成25年3月25日から、災害発生時等に防災行政無線で放送された内容が、聞き取れなかった場合は、次の番号に電話をかけると、最新のものから、放送された日時と放送内容が自動的に流れます。
 ただし、24時間経過した内容は削除いたします。また、録音量によっては、それよりも早く削除することもあります。
 なお、本サービスは携帯電話やIP電話(「ひかり電話」及び050で始まる番号を付与された電話)からも利用することができます。

              ナガレヤマ サイナンゼロ
 フリーダイヤル(0120- 7 8 3 1 7 0) (通話料無料)

 

防災行政無線の放送内容をJ:COMチャンネル東葛で配信します。

 防災行政無線の放送内容を、ケーブルテレビ・J:COMチャンネル東葛の自主制作チャンネルでも文字で表示するサービスを実施しています。

夕方のメロディ放送について

 夕方に流れるメロディ(家路)は、主に、防災行政無線が正常に機能しているかどうかを確認するため放送しています。普段は聞こえているメロディーが聞こえなくなった場合は、お手数ですが防災危機管理課(04-7150-6312)までご連絡ください。

メロディ放送の時間
期間 放送時間
2月から4月 午後5時
5月から8月 午後6時
9月 午後5時
10月から1月 午後4時

 

 「流山市ツイッター」では、緊急時の連絡だけではなく、防災等に関する訓練や行事の案内、防災力を強化する取り組みやその成果等のお知らせ等にも活用しています。是非、フォローしてください。また、これはと思われた内容はリツイートをお願いします。

戸別受信機の整備

 戸別受信機は、屋内に設置して、防災行政無線屋外子局(スピーカー)の放送と同じ内容を聞くことができる機器であり、避難所等、防災上の重要な施設や自治会等に設置を進めています。
 自治会に戸別受信機を設置していただく目的は、災害発生時に、例えば、災害時要援護者に対する避難支援や食糧や水、救援物資の配分支援等、自治会としての共助の活動に必要とする情報を迅速かつ確実に伝えるためのものであり、承諾をいただいた161の自治会の役員等のお宅や自治会館等に設置しています。

 戸別受信機は一人一人の市民の皆様に対する情報伝達の手段として整備するものではありません。市民の皆様におかれましては、災害に備えた自助の第一歩として、安心メールの登録やツイッターのフォローをお願いします。

お願い

公園等に設置している防災行政無線は災害時に緊急放送を行うための機器ですので、大切に扱うようにお願いします。
放送音が聞こえない、故障かなと思ったら、防災危機管理課まで連絡してください。

防災行政無線の音量調整

  防災行政無線の聞こえ具合を改善するため、東部地区においては平成24年12月以降、その他の地区においては平成25年6月以降、屋外子局毎に、その設置地域の特性に応じて音量を上げる一方、夕方のメロディ放送(家路)の音量を下げて放送してきました。
 しかしながら、未だメロディ放送の音量が大き過ぎるとのご意見をいただき、1月25日以降、メロディ放送の音量を更に下げて運用しています。このため、メロディ放送が聞こえ難くなった地域もあると思いますが、放送の聞こえ具合の改善と屋外子局近傍における市民生活への支障を防ぐための処置でありご理解いただきますようお願いします。
 

 「緊急地震速報訓練」及び「防災行政無線の試験(聞こえ具合アンケート)」

 流山市では、平成24年6月、12月、同25年6月の3回、消防庁主催のJ-ALERT(全国瞬時警報システム)と防災行政無線を使用した「緊急地震速報」の訓練放送(以下、訓練放送という)の実施に併せて、各自治会のご協力を得て、防災行政無線の運用試験と聞こえ具合のアンケート実施しています。
 次に、それぞれの試験の概要と結果を掲載しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。