NTT東日本千葉支店と大規模災害時における特設公衆電話の設置・利用に関する覚書を締結しました。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003617  更新日 平成29年9月15日 印刷

 NTT東日本千葉支店(支店長・矢野信二)と流山市は、大規模災害発生時に避難所となる施設に大規模災害発生時の通信の確保を目的とした特設公衆電話の事前設置等について覚書を締結しました。
特設公衆電話とは、NTT東日本が被災地の避難所などに臨時に設置し、被災者が無料で使える臨時公衆電話のことです。
 これまでは災害が発生してから設置していたものですが、大規模災害では対象地域が広く設置に時間を要することなどから、あらかじめ設置しておくことで、災害の発生直後から通信手段を確保できるようにするものです。
 
 本市とは、2月28日付けで「特設公衆電話の設置・利用に関する覚書」を締結し、指定避難所61か所のうち準備の整った避難所から順に回線工事を行います。
 
 回線工事が完了した施設については、順次、このページでお知らせします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。