秋のごみゼロ運動について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002649  更新日 令和1年9月13日 印刷

令和元年度秋のごみゼロ運動について

 毎年自治会のご協力をいただき行っている地域の一日清掃「秋のごみゼロ運動」を11月3日(日曜日)を中心に実施します。清掃は自治会単位で、道路周辺の散乱ごみの収集などを行います。
 
 今年の秋のごみゼロ運動では、
 1.平成31年度4月より落葉、草は「有害・危険ごみ」から「燃やすごみ」に収集方法が変更となったため、燃やすごみ専用の袋に、必ず土を落としてから入れてください。
 2.自治会で道路側溝の清掃を行っていただいた排土は回収します。
      ただし、側溝清掃の際に発生する落葉や草等が混じっていると回収できませんので、分別して頂くようご協力をお願いします。排土は排土用の白い袋に持ち運びできる量入れ、袋を締めて出してください。(ダンボール箱やカゴ等には入れないでください。)
 

ごみゼロ運動の分別方法
ごみの区分 種類・注意事項 袋の種類・色

燃やすごみ

剪定枝

(太さ10cm以上長さ50cm以下)

紙類、落葉、草など

剪定枝は、袋に入れず他のごみと分けてひもで束ねて出す

燃やすごみ専用(赤)

剪定枝は、袋に入れずひもで束ねる

燃やさないごみ ガラス、陶磁器等、プラスチック類、ペットボトルを含む 燃やさないごみ専用(青)
資源ごみ ビン・缶をそれぞれ分ける 資源ごみ専用(緑)
有害・危険ごみ 乾電池、スプレー缶など、有害ごみを含む 各自でレジ袋等を用意してください
道路側溝の排土 排土はビン・缶や落葉、草などの混入物を取り除き、持ち運べる量を袋に入れた後に袋を締める。 排土用の白い袋

その他注意事項

  • 無理な参加や過度な作業は行わないよう配慮してください。
  • なるべく作業を効率化し、長時間の作業にならないように努めてください。
  • 道路側溝清掃時における蓋の上げ下ろし等には、充分注意してください。
  • 事故等に注意を払い、河川や沼、崖等の危険な場所には立ち入らないでください。
 なお、ごみゼロ運動用の袋は、通常の家庭ごみの袋として使用できませんのでご注意願います。(家庭ごみ集積場所に出された場合は回収できません。)

道路側溝の排土に関するお問い合わせ先

  道路管理課 電話 04-7150-6093

ごみの回収時期

  • ごみの回収につきましては、11月3日の基準日は、当日回収(但し、排土については、翌日以降の回収)となり、基準日以外は、翌日以降の回収となります。
  • 道路側溝の排土の回収については、処分場への搬出事情により、週間前後回収できない場合もありますので予めご了承ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。