公共交通の安全な利用について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026348  更新日 令和2年6月16日 印刷

公共交通の安全な利用について

 流山ぐりーんバスと市内を運行する路線バスでは、運転士の検温を行うなど健康管理の徹底、窓開けによる車内換気、1日2~3回程度停車時間等に運転士が車内のつり革や手すりをアルコール消毒するなど、感染症拡大防止に努めています。

 ご乗車される際は、咳エチケットの徹底等、感染症拡大防止にご協力ください。

 なお、行政、大学、公共交通事業者等で構成される一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM法人)では、公共交通機関における新型コロナウイルス感染症予防策として、安全な公共交通の乗り方に関するポスターを発行し、利用者に周知しています。

 ご利用の際に参考にしてください。

一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議ポスター
一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議発行
(URL:https://www.jcomm.or.jp/covid19/#cc-m-header-13527191290)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 まちづくり推進課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6090 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。