食品等の放射性物質検査について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001954  更新日 平成30年6月7日 印刷

市では、消費者の食の安全・安心に関する不安に対応するため、放射性物質分析器を導入し、皆さんの持ち込んだ食品等(飲用の井戸水を含む)の放射性物質検査を行っています。

消費者の持ち込んだ食品等が「食品衛生法」に基づく“食品中の放射性物質(セシウム)の新たな基準値”に対して適合しているかどうか、簡易測定機器NaI(Tl)シンチレーション検出器を用いて測定検査を行うものです。

【NaI(Tl)シンチレーション検出器の特性】

・ヨウ化ナトリウム(NaI)を検出器とするガンマ線の波高分析装置

・ゲルマニウム半導体検出器よりもエネルギー分解能が低い

・検出器部分の冷却が不要であるため、ゲルマニウム半導体検出器に比べて測定の効率が高い

・放射性セシウムを測定する場合、対応するエネルギーレベルの信号を選択しなければならない

 

流山市(消費生活センター)が保有する測定機器 EMF211型 ガンマ線スペクトロメータ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。