世界無形遺産登録記念展示「能登のアマメハギ」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021169  更新日 令和1年6月4日 印刷

能登のアマメハギの様子
能登のアマメハギ

平成30年11月29日、流山市の姉妹都市 石川県能登町の「能登のアマメハギ」を含む10件の「来訪神」行事がユネスコ無形文化遺産に登録されました。登録を記念して開催するこの展示は、能登町教育委員会の協力を得て実現したものです。

いろり端に長時間いるとできる火だこのことを「アマメ」と言い、怠け者の証しともされています。そのアマメ、すなわち怠け癖を「剥ぎ取る」行事が「アマメハギ」です。

能登町では毎年節分の夜に、地区の小中学生が鬼に扮し家々を回ります。春の農作業を前にいろりにあたっている怠け癖のついた農民を戒めるために行われます。またそれを見聞きした幼い子どもたちにも、怠けたり悪いことをしたりしないように気づかせることができる行事です。

仮面・仮装をした者が正月など年の節目となる日に家々を訪れ、怠け者を戒めたり、人々に幸や福をもたらしたりする行事を「来訪神」と呼んでいます。アマメハギも来訪神のひとつです。

【開催期間】 平成31年4月6日(土曜日)から令和元年9月1日(日曜日)まで

【公開時間】 午前9時30分から午後5時まで

【休館日】 月曜日(4月29日・5月6日・7月15日・8月12日を除く)

                5月7日・5月31日・7月16日・8月13日

【会場】 流山市立博物館 第2展示室

【入場料】 無料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 博物館
〒270-0176 流山市加1丁目1225番地の6 流山市立博物館
電話:04-7159-3434 ファクス:04-7159-9998
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。