新型コロナウイルスに伴う私立保育所等保育士緊急雇用事業費補助金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027010  更新日 令和2年7月7日 印刷

新型コロナによる失業者・内定取消者を雇用する保育施設に雇用促進金・就労奨励金を支給

流山市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業から内定を取り消されたり、失業したりした方を市内保育施設が雇用した場合、雇用促進金や就労奨励金を支給する制度を創設しました。
この制度では、失業あるいは内定取消等を受けた求職者で、保育士資格を有する者を対象に、市内認可保育施設(私立保育所・小規模保育事業所・認定こども園)が保育士を直ちに雇用した場合に、給与の一部を補助や奨励金を支給するものです。
 

(1)保育士雇用促進事業

【概要】
・新型コロナウイルスの影響で、失業したり内定取消を受けたりした方を、保育士として採用した際に支払う給与の一部を、認可保育施設に支払います。
【補助対象者・基準額】
・令和2年7月6日から10月31日までの間に採用した常勤保育士(*1)
・保育士1名あたり167,200円×補助対象月数
 補助対象期間:令和2年7月から令和3年3月まで(最大9カ月)
 (*1)常勤保育士・・・1日6時間以上かつ月20日以上働く保育士や保育教諭
【提出書類】
・新型コロナウイルスの影響により、失業したり、内定を取り消されたりしたことを証する書類(例:内定証明書、内定取消書、本人による申出書)
 

(2)緊急保育士就労奨励金事業

・令和2年5月1日から、令和3年3月31日までに保育施設に採用された保育士等に対し、認可保育施設から下記の奨励金を支給します。

【対象者・支給額】

対象者 採用職種 支給額

新卒等保育士

 

正規保育士

準保育士(*2)

300,000円

150,000円

潜在保育士(*1)

正規保育士

準保育士

200,000円

100,000円

*1 保育士の資格を持ちながら、就業経験がない者又は採用された日以前1年間に、保育士又は保育教諭として保育施設での勤務実績がない者。

*2 正規保育士以外の者で、保育士の資格を有し、1日6時間以上かつ月20日以上勤務する者。

【支給時期】

各園によって異なります。

【留意点】

1.対象者は令和4年3月31日までに在職することとします。(それまでに退職した場合、返還が発生します。)

2.緊急保育士就労奨励金事業は、コロナによる内定取消や失業を支給対象の要件としていません。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 保育課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6124 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。