寡婦控除のみなし適用の受付開始について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019162  更新日 平成30年10月29日 印刷

寡婦控除のみなし適用の申請の受付を開始します。

 婚姻歴がないひとり親の方は、保育料が安くなる場合がありますので以下をご一読いただき、保育課までお問い合わせいただきますようにお願いいたします。寡婦控除のみなし適用に該当した方は、地方税法の寡婦控除の例(地方税法第295条第1項第2号並びに第314条の2第1項第8号及び第3項の規定)が適用されたものとみなして所得割を計算し、得られた所得割の額に基づき階層区分の決定をします。
 寡婦控除のみなし適用の該当となっても保育料の階層区分が変わらない場合がございますので必ず事前にご相談ください。また、必要書類の発行等に係る手数料は自己負担となります。


【必要書類】
1.「流山市寡婦(夫)控除のみなし適用申請書」
2.申請者及び子の戸籍全部事項証明書(申請日から3カ月以内に発行されたもの。)
3.申請者の課税証明書(合計所得金額と所得控除の内訳がわかるもの。)
4.申請者の通知カードの写し(両面)、マイナンバーカードの写し(両面)又は個人番号の記載された住民票(申請日から3カ月以内に発行されたもの。)※既に保育課で番号確認がお済の場合は不要です。

※この他に必要に応じて書類の提出を求める場合があります。

【注意事項】
・みなし適用が実施されても、結果として保育料が変わらない場合がございますので、証明書類等をご準備される前に必ず、みなし適用後に負担額が減るかどうかご確認ください。保育課入所係でも相談を受付けております。
・状況によっては、戸籍謄本等が複数必要となり、証明書類等の用意に手数料等の費用が多くかかる場合があります。その場合でも、手数料は自己負担となります。さらに、証明書類はすべて用意していただかないと、みなし適用の特例をすることができませんのでご注意ください。
・地方税法第314条の6(調整控除)については、みなし適用はございません。
・みなし寡婦控除の所得控除後の市民税の所得割額の計算方法は、寡婦控除額(26万円又は30万円)に税率(6%)を乗じた額を市民税の所得割額から引くことで出します。
・偽りその他不正の行為によって寡婦(夫)控除のみなし適用を受けた場合は、当該寡婦(夫)控除のみなし適用によらずに計算した保育料の金額を徴収いたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 保育課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6124 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。