基礎疾患をお持ちの高齢者の方を対象にPCR等の検査費用を助成します ~受付を終了しました~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1029571  更新日 令和3年4月1日 印刷

基礎疾患をお持ちの高齢者の方が受けるPCR等の費用の一部を助成します。

この助成事業は令和3年3月31日に終了しました。3月31日までに申請された方には、4月中に交付決定(申請却下)通知をお送りいたします。

助成対象者

流山市に住民登録のある、令和3年3月31日において65歳以上の方で、1、2のいずれにも該当する方

1.基礎疾患を有する方

(慢性閉塞性肺疾患・慢性腎臓病・糖尿病・高血圧・心血管疾患・BMI30以上の肥満)

2.検査時点で新型コロナウイルス感染症を疑われる症状がなく、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者として健康観察の指導を受けていない方

※有症状の方は対象になりません

 

助成対象となる検査

・PCR検査

・抗原定量検査

※簡易キットによる検査(抗原定性検査)・抗体検査は対象になりません。

実施期間

令和3年1月1日から令和3年3月31日までに流山市内の医療機関で受けた検査が助成の対象となります。

申込書の申請期限は令和3年3月31日です。

助成方法・助成額

・償還払い(医療機関の窓口で検査費用を支払った後に受験者にて流山市に費用助成を申し込む)

・上限20,000円(抗原定量検査の場合7,500円)1回限り

※別途、診察料等の自費がかかる場合があります。費用については医療機関にご確認ください。

※診断書等の文書料は助成の対象に含まれません。

 

手続きの流れ

1.医療機関でPCR検査(または抗原定量検査)を受けて費用を支払う

2.費用助成を申請する(保健センター窓口または郵送)

3.流山市にて審査・結果通知・振込(申請を受理した月の翌月末~翌々月初め)

検査実施する医療機関

検査を希望する方は、事前に医療機関に連絡し、予約のうえ検査を受けてください。(完全予約制)

 
医療機関名 電話番号 検査内容 所在地
うのさわクリニック 7153-8001 PCR検査のみ 東深井382-20
東医院 7155-5499

PCR検査のみ

江戸川台東3-102-2
初石耳鼻咽喉科医院 7153-8733 PCR検査のみ 東初石2-78-3
高桜内科胃腸科 7155-2074 PCR検査のみ 西初石3-100 2F
千葉愛友会記念病院 7159-1611 PCR検査・抗原定量検査 鰭ヶ崎1-1
南流山整形外科 7157-6680 PCR検査のみ 南流山2-18-4 プロモシオン南流山1F
南流山糖尿病栄養内科さいとうクリニック 7159-8000 PCR検査・抗原定量検査 大字木402

 

申請の方法

申請に必要な書類等

1.費用助成申込書

 (下記よりダウンロード、保健センター窓口にて配布)

2.住民票の写し

 (申込書の個人情報に関する同意書欄に同意のある場合は省略可)

3.検査日・検査内容および検査費用がわかる領収書等(写し)

領収書に検査内容の記載がない場合には、「SARS-CoV-2」など新型コロナウイルス感染症の検査であることが記載された、PCR検査または抗原定量検査を受けたことが確認できる書類を追加で添付してください。

なお、診断書などの検査結果が記載してある書類の写しを添付する場合には、検査結果部分は隠してコピーをお取りください。

4.基礎疾患を有することを証する書類

(お薬手帳など療養状況がわかる資料の写し)

申請書記入の際の注意点

・印は朱肉を使うハンコをお使いください
・消せるボールペン、鉛筆など、消すことができる筆記具で記載された申請書は受付できません
・書き間違えた部分は二重線で消して、その上に訂正印(申請者欄と同じ印)を押してください
・記入漏れや添付書類の不足がある場合には、申請は受理できません

・申請者と振込先の口座名義人が異なる場合は、申込書の委任状欄を記入してください。

・住民票の添付を省略したい場合は、申込書の裏面の個人情報に関する同意書を忘れず記入してください。

申請窓口

流山市保健センター
〒270-0121 流山市西初石4-1433-1

開所時間:8時30分~17時15分(土日・祝祭日・年末年始を除く)

申請方法

窓口申請および郵送

助成金の振込み

申請受理
 ↓
審査
 ↓
支給決定等の通知送付
(申請を受理した月の翌月下旬頃)
 ↓
助成金の振り込み
(申請を受理した月の翌月末~翌々月初め)

留意事項

・検査の性質上、陽性となっても実際には感染していないこと(偽陽性)、陰性となっても実際には感染していること(偽陰性)が一定の確率で起こります(本当の陽性と偽陽性を区別することは難しいです)。

陽性(偽陽性も含む)となった場合の対応について

陽性判定になった場合には、検査を行った医療機関の医師から、保健所への感染症の発生届が出されます。

原則として入院または宿泊施設等での療養となりますので、保健所の指導に従ってください。

厚生労働省においても、本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)についての留意事項をまとめています。以下のリンク先をご確認ください。

 社会経済活動の中で本人等の希望により全額自己負担で実施する検査(いわゆる自費検査)について

よくあるご質問

Q1.対象者の要件に当てはまるかがわからない場合はどうしたらいいか。

A1.ご提出いただく基礎疾患を証明する資料を確認させていただき、審査いたします。ご不明な点は流山市健康増進課(04-7154-0331)へご相談ください。

Q2.結果が判明するまでにはどのくらいかかりますか。

A2.検査を実施する医療機関によって異なります。医療機関にご確認ください。

Q3.検査の結果、陽性となった場合はどうしたらよいのか。

A3.治療や療養については、医療機関や保健所の指示に従ってください。

Q4.申込書はどこでもらえますか。

A4.ホームページからダウンロード、または流山市健康増進課(保健センター)窓口でお渡しできます。また、郵送も行いますので、健康増進課(04-7154-0331)へご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。