新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1033413  更新日 令和5年1月13日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症陽性判明から療養解除までの流れ

発生届の対象となる方

県は、令和4年9月26日から、新型コロナウイルス感染症に係る発生届の対象者※を4つの類型に当てはまる方とします。

※発生届の対象となる方

(1)65歳以上の者

(2)入院を要する者(※診断時点で直ちに入院が必要ない場合であっても、基礎疾患等により、入院の必要が生じる可能性があると医師が判断した場合も含まれる)

(3)重症化リスク(注)があり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な者 又は 重症化リスク(注)があり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な者

(注)悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(COPD等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下 等

(4)妊婦

発生届出対象の方向け

発生届対象外の方

発生届の対象とならなくなる陽性者の方についても、千葉県新型コロナウイルス感染者登録センターに登録を行っていただくことにより、引き続き希望に応じて、健康相談、パルスオキシメーター貸出、配食サービス、宿泊療養等の支援を利用していただくことができます。

発生届出対象外の方向け

療養中に気を付けていただきたいこと

  • 医師によるオンライン相談が14日間無料で利用可能です(利用に必要な企業IDは陽性者登録完了後のメールに記載されています)
  • 症状が悪化した場合は、自宅療養者フォローアップセンター相談窓口(電話番号は陽性者登録完了後のメールに記載されています)または発熱相談コールセンター(0570-200-139)へ連絡
  • 症状が急に悪化したときは、新型コロナウイルス感染者であることを伝え、救急車を要請(119番)してください。

千葉県発熱相談コールセンター

電話 0570-200-139  ファクス  043-224-8910

受付時間  24時間体制(土日・祝日を含む)

配食のご案内

詳細は以下リンクをご参照ください。

宿泊療養を希望される方へ

詳細は、県ホームページをご覧ください。

療養解除について

新型コロナウイルス感染症の療養解除日の判断基準については以下のとおりです。なお、松戸保健所において療養解除の際に「陰性を確認するための検査」は実施しておりません。

また、感染者が増大する中、保健所の対応について重症化リスクのある方への支援に重点化するなどにより、原則として松戸保健所から感染者様へ療養終了時の電話連絡はありません。つきましては、ご自身で解除基準を満たすかご確認をお願いします。

gazou

<症状のある方>
発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快から24時間経過している場合、8日目から療養解除を可能とする。
ただし、現に入院している・高齢者施設に入所している場合には、発症日から10 日間経過し、かつ、症状軽快後72 時間経過した場合には11 日目から療養解除を可能とする。


<無症状の方>
検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除を可能とする。
加えて、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に療養解除を可能とする。ただし、乳幼児については抗原定性検査を用いることは想定していないため、引き続き7日間の待機をお願いします。

※症状がある方は10日間、無症状の方は7日間、感染リスクが残存することから、自身による検温、高齢者等重症化リスクのある方との接触や感染リスクの高い行動を控えていただく等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
※療養期間中の外出自粛について、有症状の場合で症状軽快から24 時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。

子どもが感染してしまった場合の保育所等の登園自粛について

有症状者の子どもの取扱いについて、基本的に、発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合に8日目から登園することは差し支えありません。また、厚生労働省において、子どものマスク着用については、これまでも2歳未満では勧めておらず、子どものマスク着用を一律に求めないこととしていますが、感染リスクが残存する10日が経過するまでの間におけるこまめな手洗い、消毒などの基本的な感染症対策、感染リスクの高い行動を避けるなどの徹底を引き続きお願いします。

 

療養を証明する書類について

9月26日以降、感染症法に基づく全数届出の見直しにより、千葉県での療養証明書の発行は発生届の対象者のみとなります。医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断されても、発生届対象外となった方には発行できませんのでご了承ください。なお、9月25日以前に診断され、発生届が出された方は申請いただければ引き続き発行します。

保険会社への入院給付金の請求にあたっては、一般社団法人生命保険協会が保険給付のための証明書発行を医療機関や保健所に求めないよう各社に求めております。請求にあたって必要な代替書類等については、各自が加入している保険会社等によりますので、各保険会社へお問い合わせください。

新型コロナ後遺症について

新型コロナに感染後、ほとんどの方は時間経過とともに症状が改善します。

いまだ不明な点が多いですが、一部の方に味覚・嗅覚障害、記憶障害・集中力低下、不安症状、強い疲労感、咳・息切れなどが長引き、日常生活に影響することがあります。

現時点の主な対応方法は、経過観察と対処療法です。また、他の疾患との見極めも必要です。

症状が改善せずに続いたり、相談したいこと等がある方は、かかりつけ医や新型コロナの診断を受けた医療機関、または松戸保健所へお問い合わせください。

 

 

流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル 

電話 04-7138-6121  ファクス 04-7155-5949

受付時間 8時30分から17時15分(土日・祝日を含む)

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。