新型コロナウイルス感染症にご注意ください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024212  更新日 令和2年3月31日 印刷

新型コロナウイルス感染症について

  • 中国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者さんの発生報告が続いています。
  • 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、令和2年1月31日未明(日本時間)、中国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC:Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。
  • このような状況を踏まえ、2月1日から、新型コロナウイルス感染症は、感染症法の「指定感染症」および検疫法の「検疫感染症」に指定されました。
  • また、新型コロナウイルス感染症の国内における感染拡大が懸念される状況を踏まえ、3月14日から、新型コロナウイルス感染症は、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の適用対象に追加(令和3年1月31日までの暫定措置)されました。

新型コロナウイルス感染症とは

  • 発熱や呼吸器症状が長引く(1週間前後)ことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなることが報告されています。
  • 世界保健機構(WHO)によると、現時点において潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされています。また、厚生労働省では、これまでの情報なども踏まえて、濃厚接触者については14日間にわたり健康状態を観察することとしています。
  • 一般的には飛沫感染[注1]と接触感染[注2]で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。
  • 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
  • り患しても約8割は軽症で、治る例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患ある方は重症化するリスクが高いことが報告されています。
注1「飛沫感染」:感染した方の飛沫(くしゃみ・咳・つば等)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
注2「接触感染」:感染した方がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りのものに触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

新型コロナウイルス感染症の発生状況

  • 感染が確認された場合は、管轄の保健所により感染者・濃厚接触者等への積極的疫学調査・健康観察等が実施されます。流山市・松戸市・我孫子市を管轄する保健所は、千葉県が設置・所管する「松戸健康福祉センター(松戸保健所)」です。
  • 個別の発生状況は、保健所を設置・所管する自治体から公表されることになっています。政令市(千葉市)、中核市(船橋市・柏市)を除き、県内市町村の居住者等については、「千葉県疾病対策課」から公表(報道発表)されます。詳細は下記のリンク先ページをご覧ください。

市民の皆様へ

  • お一人お一人の手洗いや咳エチケットなどの実施がとても重要です。基本的な感染症対策に努めていただくようお願いします。
  • 高齢者や持病がある方は、できるだけ人の多い場所を避けるなど、より一層注意してください。高齢者介護施設の入所(居)者の方への面会は、緊急やむを得ない場合を除き、ご遠慮ください。
  • 発熱等の風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んで、外出を控えてください。
    発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
  • 集団感染を防ぐために、「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」の「3つの密」が重なる場を避けるための行動をお願いします。
  • 新型コロナウイルス感染症に関連する様々な噂やデマが流れています。根拠のない情報等に惑わされず、公的機関が発信する正確な情報に基づき冷静な行動をお願いします。

こまめにしっかりと手を洗いましょう

 日常生活で、ドアノブや電車のつり革、照明のスイッチなど、他の人も触れる様々な物に触れているため、そのような物を介して手には様々なウイルス等が付着しています。手を洗う前に、ウイルスなどが付着している手で目や鼻、口を触ることで、ウイルス等に感染する可能性があります。
 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめに流水・石けんで15~30秒以上かけてしっかりと手を洗いましょう。アルコール消毒剤による手指消毒も有効です。

正しい手の洗い方
イラスト:政府広報オンライン

3つの正しい「咳エチケット」を励行しましょう

 インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケット」とは、これらの感染症を他の人に感染させないために、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
 咳エチケットを心掛けることは、「周囲にウイルスをまき散らさない効果」だけでなく、「周りの人を不快にさせないためのマナー」ともされています。特に電車や職場、学校など、人が集まる場所での励行をお願いします。

咳エチケット
3つの正しい「咳エチケット」

「3つの密」を避けましょう

 これまでに国内で感染が確認された方のうち、約80%の方は他の人に感染させていません。 
 一方で、1人が複数の人に感染させた事例や小規模な集団(クラスター)発生の事例が報告されています。感染拡大を最小限に抑えるためには、集団発生が次の集団を生み出すことを防止することが重要です。

 集団感染の共通点は、換気の悪い閉空間」「多数が集まる集場所」「間近で会話や発声をする接場面」3つの条件(「3つの密」)が同時に重なった場とされています。
 市民の皆様には、これら「3つの密」が重なる空間・場所・場面を避けるための行動をお願いします。

3つの密を避けましょう

正確な情報に基づき冷静に行動しましょう

 新型コロナウイルス感染症に関連する様々な噂やデマが流れています。市民の皆様におかれては、根拠のない情報等に惑わされず、公的機関が発信する正確な情報に基づき冷静な行動をお願いします。

 また、誤った情報等に基づく感染者や濃厚接触者とその家族の方などに対する不当な差別・偏見・いじめ等があってはならず、感染症対策や治療に取り組まれている医療従事者とその家族の方などに対する差別や偏見につながるような行為も断じて許されません。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

相談・受診の目安

 以下の1.または2.のいずれかに該当する方は、「帰国者・接触者相談センター[注3]にご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
    (直ちにご相談ください。)
  • 高齢者や基礎疾患等のある方[注4]は、重症化しやすいため、上記1.の状態が2日程度続く場合などは、早めに帰国者・接触者相談センター[注3]にご相談ください。
注4:高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患(COPD)等)の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
  • 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター[注3]にご相談ください。
  • 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、目安どおりの対応をお願いします。

 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様にかかりつけ医等にご相談ください。

注3:帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルス感染症が疑われる方に医療機関を紹介する電話相談窓口

松戸健康福祉センター(松戸保健所)
  • 受付時間:9時00分~17時00分(平日)
  • 電話番号:047-361-2140
  • ファクス:047-368-0689 [注5]
電話相談窓口(千葉県庁)
  • 受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日など)
  • 電話番号:0570-200-613
  • ファクス:043-224-8910 [注5]
聴覚障害があるなど電話での相談が難しい方は、ファクス[注5]をご利用ください。(回答までにお時間をいただく場合があります。)

相談後に医療機関を受診する際のお願い

  • 帰国者・接触者相談センターでのご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、「帰国者・接触者外来」(新型コロナウイルスの感染が疑われる人が受診できる体制が整った外来がある専門の医療機関)が紹介されます。
  • 帰国者・接触者相談センターから勧められた帰国者・接触者外来のみを受診してください。複数の医療機関を受診することは控えてください。
  • 受診する際は、マスクを着用するほか、咳エチケットや手洗いを徹底し、公共交通機関の利用を避けてください。

ご家族に感染が疑われる場合の家庭内での注意点

 ご家族に感染が疑われる方がいる場合、同居のご家族は以下の点にご注意ください。

(1)感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける。(2)感染者の世話をする人はできるだけ限られた方(1人が望ましい)にする。(3)できるだけ全員がマスクを使用する。(4)小まめにうがい・手洗いをする。(5)日中はできるだけ換気をする。(6)取っ手・ノブなどの共用する部分を消毒する。(7)汚れたリネン・衣服を洗濯する。(8)ゴミは密閉して捨てる。

海外から日本へ来られる方・日本から海外へ行かれる方へ

海外から日本へ来られる方

 検疫所では、感染が世界的に拡大している状況を踏まえ、以下のとおり水際対策を強化しています。

  • 入国日の過去14日以内に「検疫強化対象地域」[注6]又は「入管法に基づく入国制限対象地域」[注7]に滞在歴のある方
    健康状態に異常のない方も含め、自宅等で14日間待機し、公共交通機関を使用しないよう要請
    入国後に待機する滞在先までの移動手段(公共交通機関以外)を自身で確保するよう要請
    入国後に待機する滞在先と空港からの移動手段について検疫所に登録するよう要請
  • 入国日の過去14日以内に「入管法に基づく入国制限対象地域」[注7]に滞在歴のある方
    全員にPCR 検査を実施し、結果が出るまで自宅等(症状がないこと、公共交通機関を使用せず移動できることが条件)や空港内、検疫所が指定した施設等で待機
    陰性となって入国する場合も、保健所等による健康確認の対象(自宅等で14日間待機を要請)
    外国人の方は特段の事情がない限り、入国拒否の対象
注6「検疫強化対象地域」(令和2年3月28日現在)中国、韓国、ギリシャ、スロバキア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ポーランド、ラトビア、リトアニア、英国、キプロス、クロアチア、ブルガリア、ルーマニア、欧州23か国[注7]イスラエル、カタール、バーレーン、エジプト、コンゴ民主共和国、米国、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア
注7「入管法に基づく入国制限対象地域」(令和2年3月27日現在)中国(湖北省・浙江省)、韓国(大邱広域市・慶尚北道(清道郡・慶山市・安東市・永川市・漆谷郡・義城郡・星州郡・軍威郡))、アイスランド、アイルランド、アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、フランス、ベルギー、ポルトガル、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、イラン

日本から海外へ行かれる方

 外務省では、世界各地で感染が拡大していることを受けて、令和2年3月25日に全世界に対する危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」を発出し、注意喚起を行っています。渡航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国が困難となる事態を防ぐため、不要不急の渡航を止めてください。
 なお、別途、危険情報・感染症危険情報で「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」や「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」が発出されている国・地域がありますので、勧告を踏まえて行動してください。

電話相談窓口

流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル

 流山市では、新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口として、令和2年3月10日(火曜日)から「流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル」を健康増進課(保健センター)内に設置しました。

  • 受付時間(3月25日から当面の間、平日の時間を延長するとともに、休日も対応します。)
    (1) 平日:8時30分~19時00分
    (2) 土曜日・日曜日・祝日:8時30分~17時15分
  • 電話番号:04-7138-6121
  • ファクス:04-7155-5949 [注5]
  • 対応内容:感染症予防に関すること、身体症状の相談、感染症の発生状況 など
聴覚障害があるなど電話での相談が難しい方は、ファクス[注5]又は専用フォーム(ページ末尾)をご利用ください。(回答までにお時間をいただく場合があります。)

国・県が設置する電話相談窓口(新型コロナウイルス感染症に関する一般的なお問い合わせ)

厚生労働省
  • 受付時間:9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も実施)
  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • ファクス:03-3595-2756 [注5]
千葉県庁
  • 対応時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日を含む)
  • 電話番号:0570-200-613
  • 対応内容:帰国者・接触者相談センターの紹介、新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応 など
松戸健康福祉センター(松戸保健所)
  • 対応時間:9時00分~17時00分(平日)
  • 電話番号:047-361-2139
  • ファクス:047-368-0689 [注5]
聴覚障害があるなど電話での相談が難しい方は、ファクス[注5]をご利用いただくか、下記のリンク先ページをご覧ください。(回答までにお時間をいただく場合があります。)

流山市からの情報配信

流山市安心メール

 流山市では、新型コロナウイルス感染症関連情報について、「流山市安心メール」で最新情報を配信しています。まだ登録していない方は、是非ご登録をお願いします。

その他の感染症(季節性インフルエンザ、ノロウイルス等による感染性胃腸炎など)に関する情報も、安心メールの「感染症情報」で随時、配信しています。安心メールに登録している方も、この機会に登録内容(5つの配信項目のうち「感染症情報」にチェックがされているか)のご確認をお願いします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。