ロタウイルス感染症予防接種の定期接種を開始します【令和2年10月1日から】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1025909  更新日 令和2年6月22日 印刷

令和2年10月1日(木曜日)より、「ロタウイルス感染症予防接種」が予防接種法に基づく定期接種となります。令和2年8月1日以降生まれのお子さんが対象になり、予防接種予診票は順次送付します。

ロタウイルス感染症とは

 ロタウイルスは感染力が強く、5歳までにほとんどの乳幼児が感染すると言われています。主な症状は、突然の嘔吐、水溶性下痢、発熱で、特に初感染時が重症化しやすく、嘔吐・下痢に伴う脱水やけいれん、腎不全、脳症などの合併症を併発した場合、入院治療に至ることもあります。

ロタウイルス感染症定期予防接種の概要

ロタウイルス感染症予防接種

ワクチン名

ロタリックス(1価)

ロタテック(5価)

対象者

令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

接種対象期間

初回接種は生後14週6日までに行う(※)

出生6週0日後から24週0日後までの間

出生6週0日後から32週0日後までの間

接種回数

2回(経口摂取)

3回(経口摂取)

接種間隔

前回接種から27日以上あける

費用

令和2年10月1日以降の接種から公費(無料)

接種場所

契約医療機関で個別接種

(※)安全性の観点から、出生15週0日後以降の初回接種はおすすめしません。

ワクチンはロタリックス(1価)と、ロタテック(5価)の2種類があります。接種回数がワクチンによって異なるので、同一のワクチンで接種を完了する必要があります。

【注意】令和2年8月1日以降に生まれたお子さんでも、9月30日以前に接種をした場合は任意接種となり、費用は自己負担になります。ご注意ください。

 

予防接種の流れ

  1. 契約医療機関へ申し込む。

    必ず事前に医療機関へ申し込み、ワクチンの有無を確認してください。

    紛失などで予診票がお手元にない場合は、再発行が必要となりますので

    流山市保健センターへお問い合わせください。

  1. 予診票、母子健康手帳と住所・氏名・生年月日を証明できるもの(健康保険証など)を契約医療機関に持参する。
  2. 予防接種の説明書を読み、副反応などについてよく理解して接種を受ける。

 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。