モバイルレジでの納付について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000529  更新日 令和3年2月9日 印刷

平成27年度からモバイルレジを活用した納付ができるようになりました。

モバイルレジとは?

 請求書に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み取り、モバイルバンキングを利用して税金などを納付できるサービスです。

 ※「モバイルレジ」は、株式会社NTTデータが提供しているサービスです。

利用できる市税等

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税(種別割)
  • 国民健康保険料(普通徴収)
  • 介護保険料(普通徴収)
  • 後期高齢者医療保険料(普通徴収)
  • 保育料

利用可能な金融機関

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、千葉銀行、京葉銀行 他

※利用可能な金融機関の詳細は、株式会社NTTデータのモバイルレジサイトで確認をお願いします。

※ご利用にあたっては、事前に金融機関へモバイルバンキングの申込み手続が必要です。(申込み方法については、各金融機関にお問い合わせください。)

ご利用にあたってご準備いただくもの

1. モバイルレジが利用可能なスマートフォン

2. バーコード付きの納付書

  (納付書1枚あたりの納付金額が30万円以下で納期限内のもの)

モバイルレジでの納付方法

1. 利用したい金融機関にモバイルバンキングの利用申込みをします。

2. 初回のみアプリをダウンロードします。ホームページ内のQRコードをスマートフォンのカメラで読み取り、モバイルレジホームページよりアプリをダウンロードしてください。

   ※アプリダウンロードの詳しい手順については、株式会社NTTデータのモバイルレジサイトでご確認ください。

3. アプリを起動すると同時にスマートフォンのカメラが起動しますので、指示に従い納付書に印字されているバーコードを読み取ります。

4. 表示されたお支払い内容を確認します

5. モバイルバンキングの利用申込みをした金融機関を選択します。

6. お支払い完了です。

  ※詳しい納付手順については、株式会社NTTデータのモバイルレジサイトでご確認ください。 

注意事項

1. バーコードは、印字されている納期限または支払期限内しか読み取りできません。

2. アプリケーションや払込手数料は無料ですが、パケット通信料は利用者のご負担となります。

3. ご利用可能な時間は、ご利用される金融機関のモバイルバンキングサービスの提供時間内となります。

4. モバイルレジで納付された場合、領収証書が発行されません。通帳の記帳などで納付を確認してください。領収証書が必要な方は、金融機関の窓口またはコンビニエンスストアをご利用ください。

5. 軽自動車税の納付にあたり、軽自動車の継続検査用の納税証明書が必要な方は、モバイルレジを利用せず、金融機関の窓口またはコンビニエンスストアをご利用ください。

6. バーコードがない納付書は、モバイルレジでの納付はできません。また、傷や汚れによってバーコードを読み取れない納付書もお取扱いできません。

7. 二重納付を防ぐため、モバイルレジで納めた納付書を使用して、窓口納付をしないようご注意ください。

問い合わせ先

税目

担当課 電話番号

市県民税(普通徴収)

固定資産税・都市計画税

軽自動車税(種別割)

 

税制課

 

 

04-7150-6072(直通)

国民健康保険料(普通徴収)

介護保険料(普通徴収)

後期高齢者医療保険料(普通徴収)

 

保険年金課

 

04-7150-6077(直通)

保育料 保育課 04-7150-6124(直通)

 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財政部 税制課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6072 ファクス:04-7159-0946
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。