65歳未満で給与と年金所得がある方は原則給与からの特別徴収

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000467  更新日 平成29年9月15日 印刷

 昨年度から開始された住民税の年金からの特別徴収について、平成22年度税制改正では納付方法の見直しが行われました。
 内容は、65歳未満で公的年金に係る所得がある給与所得者については、公的年金等の所得にかかる税額も給与所得に係る税額に加算して特別徴収することができるようになりました。

 なお、申し出により、従来の納税通知書でお支払いをいただくことも可能です。

 ご不明な点は市民税課まで、お問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6073 ファクス:04-7159-0946
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。