2019年全国家計構造調査は終了いたしました。ご協力ありがとうございます。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022161  更新日 令和2年2月5日 印刷

全国家計構造調査は終了いたしました。

全国家計構造調査とは

家計における消費や貯蓄等を総合的に把握し、世帯の消費や所得の実態を明らかにすることで、年金額や介護保険料の算定、所得・資産格差の現状把握など、重要な政策の基礎資料を得ることを目的としています。

調査の方法

調査期間中は、顔写真付きの調査印象を携行した調査員が調査対象世帯へ訪問します。詳細は下記ホームページをご参照ください。

 

注意点について

調査員は写真付きの「調査員証」を身に付けています。訪問があった場合や不審に感じた場合は「調査員証」の提示を求めてください。また、調査員が電話やメールで調査を行うことはありませんので、その際は回答せずに流山市役所企画政策課へご連絡をお願いします。

調査票について

  • 基本調査の調査対象世帯は、「世帯票」、「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」についてそれぞれ記入していただきます。
  • 簡易調査の調査対象世帯は、「世帯票」、「年収・貯蓄等調査票」についてそれぞれ記入していただきます。
  • これらの調査票等は、インターネットによる回答も可能です。

調査の日程について

  • 基本調査は、8月の上旬から12月の上旬まで調査を行います。
  • 簡易調査は、9月の上旬から11月の下旬まで調査を行います。

調査対象について

基本調査と簡易調査共に市内9地区の中から各12世帯を対象に調査を行います。

 

 

調査の結果は様々な施策に利用されます。

国民年金・厚生年金の年金額の検討、介護保険料の算定基準の検討、生活保護の扶助額基準の検討、税制改正に伴う政策効果の予測、所得格差・資産格差の現状把握、高齢者の金融資産保有状況の把握のための基礎資料として利用されます。

秘密の厳守

  • 御回答いただきました調査票の内容につきましては、統計法により秘密が保護されています。
  • 調査票の内容を統計作成の目的以外に使用することや、調査に従事するものが職務上知り得た秘密を他に漏らすことは統計法で固く禁じられています。
  • 調査員は「調査員証」を携行しています。調査票の受け渡しの際は、必ず御確認ください。
  • 不審に思われた際は、市役所に御連絡ください。

 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 企画政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6064 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。