他の自治体・民間企業等との連携(2つのPPP)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007056  更新日 平成29年9月15日 印刷

2つのPPP

流山市のFMは、

  1. パイオニアの拓いた道を活用(庁内合意は●●市では・・・、流山市でもできるハズ)
  2. 利用できる資源は何でも活用(民間等のノウハウ・マンパワーを借用/2つのPPP)
  3. 決裁・会議等の既存の政策決定ルートを最大限に活用
  4. できることからやる。できるレベルでやる・できたら展開
  5. 簡易なFMノウハウを公開。他自治体でのブラッシュアップ。流山市で再利用

ことを特徴としています。先進自治体をはじめ多くの自治体との連携、民間企業のノウハウ、大学による学術的な分析など、FMの推進のためには様々な方々の協力が不可欠です。


このことから、流山市では2つのPPPとして

  • 官民連携(Public Private Partnership)
  • 官官連携(Public Public Partnership)

を重視しています。


これまでに、自治体・民間企業等から93件の視察と76件の対外的な事例発表、9件の雑誌等への記事協力を行っています。(平成27年4月20日現在)


(注)流山市では、FM推進のために他自治体や民間企業・団体等との連携を最も重視しています。資料請求・視察や事例発表等については、お気軽にお問い合わせください。

JFMA(公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会)関連

公共特別会員

 公共施設FM研究部会

平成25年度から流山市担当者が公共施設FM研究部会の副部会長を務めています。

建築保全センター関連

自治体等FM連絡会議

自治体間のFMに関する情報交換を行うため、自治体等FM連絡会議が組織されており、設立当初から流山市は参加しています。

また、流山市は平成24年度から25年度における自治体等FM連絡会議の幹事自治体に選定され、平成25年度は代表幹事を務めました。(代表幹事:流山市、幹事自治体:東京都・浜松市・倉敷市)

  • 平成26年7月24日、25日に開催された平成26年度第1回自治体等FM連絡会議のパネルディスカッション・分科会で本市の取り組みを発表しました。(平成26年8月18日)
  • 平成25年7月26日に開催された平成25年度第1回自治体等FM連絡会議で本市の取組みを発表しました。(平成25年12月26日)
  • 平成23年11月16日に開催された平成23年度第1回自治体等FM連絡会議で本市の取組みを発表しました。(平成23年11月18日)

自治体等FM連絡会議千葉県地域会

平成24年7月26日に開催された平成24年度第1回自治体等FM連絡会議において、地域ごとにFMの情報交換を行う「地域会」の設置が可能になりました。

千葉県では、全国に先駆けて地域会を設置し、流山市は代表幹事を務めています。

公共建築のFMと保全ネットワーク

公共建築ベンチマーク研究会

一般財団法人建築保全センターが主催する公共施設ベンチマーク(注)研究会に参加しています。(H24.4.13)


(注)ベンチマーク(またはベンチマーキング)とは、条件が類似する組織の中で最も良い実践を行っている組織の実践(ベスト・プラクティス)と自らの実践を比較評価し、最良の実践方法を自らの組織に取り入れる改善活動。 建築保全センターホームページ:http://www.bmmc.or.jp/system6/から引用
 

その他の連携

千葉県公共建築等連絡協議会FM研究部会

千葉県公共建築等連絡協議会第3回FM研究部会を流山市で開催しました。(平成24年1月24日)

写真12
FM研究部会の様子(市長挨拶)
写真13
FM研究部会の様子(流山市発表)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 財産活用課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6069 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。