デマンド活用型節電

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007045  更新日 平成29年9月15日 印刷

デマンド活用型節電

平成24年度夏季は、特定規模電気事業者(PPS)から電力を調達している48施設で、30分ごとの電力(デマンドデータ)がリアルタイムで確認できるようになったことから、このデマンドデータと昨年度のノウハウを活用した「無理をしない・賢い節電」により、前年度並みの節電実績を目指します。

なお、規制部門(東京電力から電力を調達)の約150施設については、省エネ推進プロジェクトを活用して、節電に努めています。

デマンド活用型節電の実施状況(概要)

平成24年6月から9月までのデマンド活用型節電の実施の結果、対前年同期間比で電気使用量は+3%(+97,932kwh)、電気料金は+6%(+3,725,018円)となりました。

平成23年度は緊急節電により、空調の設定温度等を含め、かなり厳しい基準で節電対策を実施しましたが、これと比較し、かつ最近の燃料調整費の高騰の影響を考慮すると、+10%以内に使用量、電気料金ともおさまったため、一定の成果を上げたと考えられます。

(参考)平成22年度比では使用量-24%(-878,715kwh)、電気料金-10%(-7,071,708円)となっています。(平成24年10月24日)

デマンド活用節電の実施方法

PPSから電力を調達している48施設では、

  1. 毎月、需要電力、電気使用量、電気料金や規定電力値(昨年同月の最大需要電力)の超過回数などについて、各施設所管課の責任においてデータ管理を行います。
  2. データは、下記の報告書により毎月、財産活用課へ集約・分析し、公表します。
  3. 各施設の自主的な節電対策により、昨年同月並みの節電実績となっている場合は、空調の設定温度は各施設の自由としますが、昨年度を大幅に上回る場合は、現地調査やヒアリング等を行い、状況によっては空調設定温度・運転時間等の見直しを行います。

各施設でのデマンド活用型節電の実施状況

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 財産活用課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6069 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。