非構造部材の耐震点検

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007029  更新日 平成29年9月15日 印刷

非構造部材の耐震点検

耐震改修促進法などにより、柱・梁などのいわゆる建築物の躯体(構造部材)の耐震性能は近年、大きく向上しています。一方で、東日本大震災においては天井材の落下・外壁タイルの落下など多くの被害が発生しました。

現在、国土交通省や文部科学省を中心に多角的・技術的な検討がされている非構造部材等の耐震点検を、市役所本庁舎をモデルケースにPPP(Public Private Partnership)の考え方を用いて実施し、今後、FM施策として本市が保有する他の公共施設へ水平展開を図ることとしました。

施設管理者による簡易調査

倉庫等を除く200平方メートル以上の施設について、業務委託により作成したフォーマットを用いて簡易点検を実施しました。

簡易調査の結果は集計中です。

流山市役所非構造部材等耐震点検及び報告書作成業務/PPP事業

「がんばろう!千葉」市町村復興基金交付金を活用した、市役所本庁舎の非構造部材の耐震点検等に関するプロポーザルコンペについて、一部の条件緩和(設備を点検必須項目から除外等)し、再公募を行います。(募集は終了しました)

審査

相和技術研究所東関東支社を事業者として選定しました(平成24年10月17日)

質疑及び回答

募集要綱等

図面

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 財産活用課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6069 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。