あれから13年 みんなで考える。くらしと防災~防災政策に男女共同参画の視点を~

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1044668  更新日 令和6年2月11日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 講座・教室

開催日

令和6年3月11日(月曜日)

開催時間

10時 から 12時 まで

場所

生涯学習センター
生涯学習センター(流山エルズ)の施設案内ページ

対象

一般

テーマに関心のある方(流山市在住・在勤)

内容

東日本大震災から13年を迎えるこの日に、防災について共に考えましょう。神戸新聞記者として阪神・淡路大震災の災害現場で取材活動を行い、後に復興庁男女共同参画班上席政策調査官として東日本大震災の復興に携わった講師から、災害支援の現状・課題から、防災政策における女性の視点や、今後求められる施策についてお話を伺います。

申し込み

事前申し込みが必要です。

電子申請または申込専用電話 080-5494-2323
3月8日(金曜日)正午まで受付(定員になり次第締切)

電子申請(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
費用

不要です。

託児

あり

1歳以上の未就学児(先着10名)
2月25日(日曜日)までに要申込み(保育カード送付のためメールアドレスまたは住所が必要)

定員

25名(申込先着順)

講師

相川康子さん(特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 企画政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6064 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。