第2回流山手話フェスタ2021 手話でつながろう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1033161  更新日 令和4年1月6日 印刷

イベントカテゴリ: 市民団体 催し・イベント 健康・福祉

このイベントは終了しました。

第2回流山手話フェスタ2021 手話でつながろう!

流山手話フェスタ2021チラシ表

平成31年4月から施行されている「流山市手話言語の普及の促進に関する条例」を幅広く市民の方々に知ってもらい、手話が言語であることや聴覚障害者に対する理解と手話の普及促進を目的として、流山市デフ協会主催(流山市後援)による第2回流山手話フェスタ2021が開催されます。

今年は『市民に手話を普及するには!!』をテーマとしたトークライブ、手話コーラスのほか、半澤啓子さんと穀田千賀子さんによる手話民話の公演を実施いたします。
手話の語り部のお二人が皆様を手話の世界へ誘います。共に体感しましょう。

講師紹介

流山手話フェスタ2021チラシ裏

半澤 啓子(はんざわ けいこ)さん

 宮城県仙台市在住の手話通訳士
 本業の福祉専門学校、短大、大学での非常勤講師の傍ら、耳の聞こえない両親の下で育った聞こえる子ども(コーダ)の立場で聞こえない両親から身についた手話を生かし、手話で語る昔話の語り部としても活躍されています。
 その全身で表現される手話は、ろう者だけではなく、聞こえる手話の初心者をも引き付け、“手話の語り部”“ろう者の良き理解者”として、活動を続けられています。

穀田 千賀子(こくた ちかこ)さん

 民話の語り部 民話創作者
 全国各地の民話、あったら良いなぁ そんな民話を創作し、故郷気仙沼市唐桑の方言で語ります。
 方言のもつ暖かさ、心地良さが伝わるような語りです。
 東日本大震災後の平成23年8月からは、被災地に暮らす高齢者とともに歌い、語り、涙し、笑いあって過ごす時間が薬になるようにと、気仙沼、南三陸、仙台市内の復興住宅へ毎月通われています。

小野寺 夏樹(おのでら なつき)さん

 平成18年4月から流山市デフ協会(聴覚障害者団体)の副会長、平成20年4月から同協会会長として、通算15年以上活動し、また、平成20年4月から身体障害者相談員、流山市地域相談員として現在もご活躍されています。平成30年4月からは流山市福祉施策審議会委員として、障害者の社会参加の発展に係り、平成30年度には「流山市手話言語の普及の促進に関する条例」の策定に携わられました。

詳細

開催日

令和4年2月20日(日曜日)

開催時間

13時 から 16時30分 まで

場所

生涯学習センター
多目的ホール
生涯学習センター(流山エルズ)施設案内ページの施設案内ページ

内容

第1部:13時40分~

トークライブ『市民に手話を普及するには!!』
出演者 半澤啓子氏・穀田千賀子氏・小野寺夏樹氏

 

休憩時間:14時30分~15時
手話コーラス『パプリカ』

 

第2部:15時~

手話民話公演 半澤啓子氏 & 穀田千賀子氏

  1. こまもり観音様
  2. てんでんこ
  3. 屁ったれ嫁ご
費用

不要です。

定員
100名(先着順)
講師
半澤啓子氏、穀田千賀子氏、小野寺夏樹氏
感染症対策

新型コロナウィルス感染防止のため、ホール内の消毒や座席間隔に配慮して開催いたします。

ご来場の皆様にもマスク着用、検温、手指消毒などご協力をお願いいたします。

チラシ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害者支援課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6081 ファクス:04-7158-2727
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。