流山市人権フェスティバル2021(映画「ピア」オンライン上映)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023200  更新日 令和3年10月27日 印刷

イベントカテゴリ: 催し・イベント 講座・教室 その他

12月4日(土曜日)~10日(金曜日)は人権週間です。

人権週間は、一人ひとりの違いを認め、自分や相手の良いところを見つけて、それぞれが大切な存在であることを知る大切な一週間です。

人権週間に合わせて、在宅医療に取り組む医師を描く映画「ピア まちをつなぐもの」のオンライン上映などを行う「流山市人権フェスティバル2021」を開催します。改めて人権について考えてみませんか。

視聴申し込みについて

専用フォームを通じてお申し込みいただけます。

お申し込み開始の11月1日(月曜日)以降に、専用フォームへのリンクを掲載します。

「ピア まちをつなぐもの」について

ピア まちをつなぐもの ポスター

開催期間

令和3年12月4日(土曜日)から令和3年12月10日(金曜日)まで

開催時間

視聴期間中はいつでもご覧になれます。

場所

その他
(オンライン視聴)

対象

一般、高齢者

内容

<松戸人権擁護委員協議会 会長 秋月 孝夫>

 松戸人権擁護委員協議会では、児童・生徒への人権啓発、各種啓発イベント等、地域の皆様の人権擁護のため様々な活動を続けています。

 今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、初のオンライン上映といたしました。本イベントが皆様にとって「人権」を改めて考えるきっかけとなれば幸いです。

<ピア ~まちをつなぐもの~ 紹介>

「最期の願いは、僕たちが支える。」

 若手医師が悩みながらも懸命に在宅医療という高齢化社会の大きな課題に取り組んでいくという感動の物語。病気で倒れた父親の医院を継ぐために、大学病院を辞めざるを得なくなった若手医師の高橋雅人(細田善彦)は、父・圭蔵(升毅)の要望で渋々訪問診療も始めることになる。しかし大学で先端医療の研究を志していた雅人にとって、地域の患者やその家族たちの医療には、なかなか関心を持てないでいた。それに加えて医師としてのプライドもあり、ケアマネジャーの佐藤夏海(松本若菜)や介護福祉士など他の職種との連携も積極的にとらず、やがて地域医療の中で孤立していくようになる。そんな中、訪問診療に行ったある患者家族との出会いによって、雅人の医師としての考え方が大きく変わっていくことになるのだった…。

申し込み

事前申し込みが必要です。

専用のフォームからお申し込みください。

お持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットなどで視聴できます。事前にお申し込みいただいたメールアドレスに、視聴用のURLとパスワードをお知らせします。上映期間中にアクセスしてください。

[申し込み締切日:令和3年11月30日(火曜日)]

映画「ピア」視聴申込フォーム(11/1から)
費用

不要です。

ただし通信料はお客様負担となります。

定員
350名(先着申し込み順。申し込み期限内でも、定員に達し次第、受付終了となります。

市役所1階ロビーに人権啓発ブースを設置します

期間

内容

11月1日(月曜日)~12月14日(火曜日)

啓発グッズの配布(トートバッグなど)

※無くなり次第終了とさせていただきます

12月6日(月曜日)~12月14日(火曜日)

北朝鮮拉致被害救済ブルーリボン運動

(ホワイトクリスマスツリーの設置)

12月10日(金曜日)~12月14日(火曜日)

小・中学生人権ポスターコンテスト優秀作品の展示

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。