都市計画部長

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010124  更新日 平成28年6月27日 印刷

都市計画部長 武田 淳の写真

 都市計画部長の武田 淳(たけだ あつし)です。

 都市計画部は、都市計画課、交通計画推進室、建築住宅課、企画住宅室、宅地課の3課2室で構成しており、都市計画・景観・交通・宅地開発・建築・住宅の分野を担当しています。

 本市における都市計画としての最上位の計画である流山市都市計画マスタープランでは、本市の都市計画のあるべき姿(将来都市像)とその道筋(目標や基本方針)を定めており、その実現のために必要な規制や誘導を行っています。

 市民の皆様に、住んでいて、或いは住んでみて、住みやすいなと思える「まち」にするにはどうしたら良いかを、日々考えている部署です。

 平成31年度の部内各課の主な取組を紹介させていただきます。

 都市計画課では、都市計画マスタープランの改定に着手しており、市民の皆様との意見交換および地域別懇談会等を開催し、新たな都市計画マスタープランを策定してまいります。

 また、流山市景観計画に即した広告物等の指導・誘導を図るため、昨年、市独自の広告物条例を制定しました。係名も「都市景観係」に改名し、さらなる良好な景観形成に向け、努力してまいります。

 交通計画推進室では、つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道株式会社に対し、沿線区市と連携して車両編成の8両化、東京駅延伸等を要望してまいります。

 また、初石駅施設整備事業では、東武鉄道株式会社との協議が整い、令和5年度の供用開始に向け、基本調査業務、基本設計業務を発注します。

 建築住宅課では、戸建て住宅を中心に耐震化を促進するため、耐震診断、耐震改修をされる市民の方に費用の一部を助成します。

 企画住宅室では、高齢者住み替え支援相談制度の普及促進に努めると共に、空き家対策では、空き家の調査区域を拡張するほか、空き家所有者に対しては、改善への助言、指導を行ってまいります。

 宅地課では、開発事業において流山市開発事業の許可基準等に関する条例に基づき、市民と開発事業者との調整を図り、紛争が生じないよう努めてまいります。

 今後も、流山市都市計画マスタープランに定めた将来都市像の実現に向け、都市計画部としてチームワークを発揮し、「住み続ける価値」を高めるまちづくりに向けて努力してまいります。

 最後に、今年春より、流山おおたかの森駅西口と羽田空港および成田空港の各ターミナルを結ぶ空港連絡バスの運行が開始されました。路線の確保のため、皆様のご利用をお願い申し上げます。

業務や執行体制について

平成31年度の都市計画部

平成30年度の都市計画部

平成29年度の都市計画部

平成28年度の都市計画部

平成27年度の都市計画部

部内各課の紹介

都市計画課
  • 都市計画の決定に関すること
  • 交通計画に関すること
建築住宅課
  • 建築物の確認、許認可に関すること
  • 住宅施策に関すること
宅地課
  • 開発行為等に関すること

部内各課のページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画部
電話:04-7158-1111(内線:500) ファクス:04-7159-0954
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。