佐川急便および日本GLPと災害協定を締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1029656  更新日 令和3年2月2日 印刷

 大規模な災害が発生し自力による応急対策等が困難な場合、相互応援協定に基づき迅速・的確な応援要請の確立を図るため、災害応急対策の強化に努めます。
 協定締結先一覧は、以下のPDFファイルから確認できます。

【令和3年2月1日】佐川急便・日本GLPと協定締結

 流山市は、佐川急便株式会社及び日本GLP株式会社と「災害時における支援物資の受入・配送及び物資集積・搬送拠点等に関する協定」を締結しました。

 流山市は、グローバル化及び高度化、多様化するニーズに対応した運輸・物流企業である佐川急便株式会社(東関東支店長 福元俊朗様:以下「佐川急便」)と物流不動産及びその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP株式会社(代表取締役社長 帖佐 義之様:以下「日本GLP」)の三者で災害協定を締結しました。流山市と日本GLPとは、令和元年10月にBCPに注力したマルチテナント型大型物流施設「GLP流山I(令和3年9月より「GLP ALFALINK 流山2」に名称変更)」を災害時等における一時避難施設とする協定を結んでいます。今回の協定では、これらの災害に強い物流施設を緊急支援物資の輸送拠点として活用することや共有スペース、施設サービスを配送業務に提供するなど協力体制を築きます。また、佐川急便は、東日本大震災や熊本地震などにおける物資輸送の実績を活かして、日本GLPと物資輸送体制を確立することにより速やかな輸配送を実現します。流山市は、災害の状況や被災者のニーズ、物資調達の情報を共有するほか、倉庫、荷役、配送業務の一括した対応により、円滑な支援業務が可能となります。このように三者で協力することで、被災者への迅速な物資支援が可能となり、地域と連携した安心・安全に貢献ができることから、今回の協定締結に至りました。

締結の概要

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。