職員の懲戒処分について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1032868  更新日 令和3年11月23日 印刷

職員のセクシャル・ハラスメント行為について(お詫び)

 このたびの本市職員のセクシャル・ハラスメント行為につきまして、最高責任者として、市民の皆様に深くお詫び申し上げます。
 公務員としての信用を著しく損なう行為であり、再発防止に向けて、全職員に対し公私にわたる綱紀粛正の徹底を図り信頼回復に努めてまいります。

 令和3年11月22日

                             流山市長 井崎 義治
 

職員の懲戒処分等について

1 概要
  令和3年3月から10月までの間、女性職員に頻繁にメールを送ったり、不必要な身体的接触を行ったりする
 など、セクシャル・ハラスメント行為を行ったもの。
  令和3年11月22日、当該行為に対する賞罰審査委員会を開催し、その結果を踏まえ、同日付けで関係職員へ
 の処分を決定しました。
  なお、処分後、当該職員は依願退職しています。

2 処分対象者及び処分内容
   財政部市民税課 課長 55歳 男性
   停職6カ月
   (地方公務員法第29条第1項第1号及び第3号に基づく懲戒処分)
   2階級降任
    (地方公務員法第28条第1項第3号に基づく降任処分)

3 処分年月日
   令和3年11月22日
 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 人材育成課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6068 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。