教育長メッセージ「かけがえのない命を守るために」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1028215  更新日 令和2年10月2日 印刷

 本市において、生徒が命を落とすという悲しい出来事が起こりました。心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、お子様を亡くされたご遺族の方に心より哀悼を捧げます。
 かけがえのない命が失われてしまったことは、痛恨の極みであり大変重く受け止めております。
 子どもたちのケア、保護者のケアを進めるにあたり、教育相談の拡充を図ってまいります。
 また、何故、かけがえのない命が失われてしまったのか、事実に真摯に向き合い、これから先このような悲しく辛いことが起きないようにするために、事故調査委員会を立ち上げ、事実を確認し、再発防止に努めてまいります。
 子どもたちが明るい笑顔で毎日を過ごせるよう、学校・保護者・地域・関係機関の皆様と一緒に考え、行動してまいりたいと思います。

<子どもたちへ>
o命はたった一つかけがえのないものです。
o自分を大切にしてください。そして、周りの人も大切にしてあげてください。
o些細なことでも、無理をせず(我慢をしないで)、声を発してください。
o相談できる人が見つからないときは、相談する場所があります。
電話してください・メールしてください。

<保護者の皆さんへ>
oお子さんに対する思いや命の尊さについて、ご家庭で話してあげてください。
o保護者の方も一人で悩みを抱え込むことがないよう、気になることがありましたら、学校や身近な相談窓口に相談してください。

<教職員の皆さんへ>
o子どもの発する些細なサインを見逃さないよう細心の注意をはらって下さい。
o人の命はかけがえのないものであることをあらゆる教育活動の中で伝えてください。
o一人で抱え込まず、学校という組織で対応してください。必要に応じて、関係機関の協力を得ながら問題解決を図ってください。
o子どもたちに寄り添い、守るという意志を言葉や態度で示してください。

<地域の皆さんへ>
o学校や家庭以外で、子どもたちが気になる行動や問題を起こすケースも考えられます。
 子どもたちの様子を見ていただく中で、気になることや心配なことがございましたら、その場で声をかけていただくか、近くの学校や教育委員会、関係機関へ連絡してください。

*相手の苦しみに寄り添い、少しでも苦しみを分かち合い、本当の幸せが得られるよう皆様のお力もお借りして問題解決に努めてまいりたいと存じます。

                      流山市教育委員会教育長  田中 弘美 

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 指導課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6105 ファクス:04-7150-0809
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。