新型コロナウイルス感染症に関する情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024216  更新日 令和2年2月18日 印刷

新型コロナウイルス感染症について

  • 中国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者さんの発生報告が続いています。
  • 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、令和2年1月31日未明(日本時間)、中国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC:Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。
  • このような状況を踏まえ、2月1日から、新型コロナウイルス感染症は、感染症法の「指定感染症」および検疫法の「検疫感染症」に指定されました。

新型コロナウイルス感染症とは

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
    感染から発症までの潜伏期間は1日~12.5日(多くは5~6日)といわれています。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染[※1]と接触感染[※2]によりうつるといわれています。
  • 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
    特に高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
※1:飛沫感染
 感染者の飛沫(くしゃみ・咳・つば等)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
※2:接触感染
 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りのものに触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

電話相談窓口

厚生労働省
  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も実施)
  • 聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方に向けて、ファクス(03-3595-2756)でも受け付けています。
千葉県
  • 電話番号:043-223-2640
  • 対応時間:9時00分~17時00分(土曜日、日曜日、祝日も実施)
  • 対応内容:新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応など
松戸健康福祉センター(松戸保健所)
  • 電話番号:047-361-2139
  • 受付時間:9時00分~17時00分(平日)

日常生活で気を付けること

  • まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着しドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 高齢者や持病がある方は、できるだけ人の多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱等の風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んでください。
    発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

このような方はご注意ください

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
  • 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日以上続く場合

 帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」が紹介されます。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

帰国者・接触者相談センター

平日:松戸健康福祉センター(松戸保健所)
  • 電話番号:047-361-2140 [※3]
  • 受付時間:9時00分~17時00分(平日)
休日:電話相談受付(千葉県庁)
  • 電話番号:043-223-2989
  • 受付時間:9時00分~17時00分(土曜・日曜・祝日)
平日・休日の時間外(17時00分~9時00分)については、松戸健康福祉センター(松戸保健所)の電話番号[※3]におかけいただき、音声案内の指示に従ってください。

正しい咳エチケットと手の洗い方

咳エチケット

 インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケット」とは、これらの感染症を他人に感染させないために、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。

 咳エチケットを心掛けることは、「周囲にウイルスをまき散らさない効果」だけでなく、「周りの人を不快にさせないためのマナー」ともされています。特に電車や職場、学校など、人が集まる場所での励行をお願いします。

咳エチケット
3つの正しい「咳エチケット」

手洗い

 日常生活で、ドアノブや電車のつり革、照明のスイッチなど、他の人も触れる様々な物に触れているため、そのような物を介して手には様々なウイルス等が付着しています。

 手を洗う前に、ウイルスなどが付着している手で目や鼻、口を触ることで、ウイルス等に感染する可能性があります。食事の前や外出先からの帰宅時など、こまめに手を洗いましょう。

正しい手の洗い方
イラスト:政府広報オンライン

お問い合わせ

 ご不明な点は、厚生労働省・千葉県の電話相談窓口および松戸健康福祉センター(松戸保健所)のほか、下記までお問い合わせください。

流山市保健センター(健康増進課)

  • 電話番号:04-7154-0331
  • 受付時間:8時30分~17時15分(平日)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。