幼稚園預かり保育・認可外保育施設などの無償化請求手続きのご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023865  更新日 令和1年12月24日 印刷

利用施設(事業)ごとの請求手続について

令和元年10月から開始された、幼児教育・保育の無償化制度に係る、施設等利用費等の請求手続をご案内します。なお、利用している施設が幼児教育・保育の無償化制度の対象となるかについては、本ページ下部の関連情報からご確認ください。施設が市外の場合は、施設または所在地の市区町村にご確認ください。

私立幼稚園預かり保育利用料の請求について

保育の必要性の認定(施設等利用給付認定2号または3号)を受けた方の、私立幼稚園が実施する預かり保育利用料の請求に当たっては、本ページ下部の「添付ファイル」項目から、「施設等利用費請求書」を使用し、流山市保育課に請求してください。なお、請求書は3カ月分ごとに作成してください。
教育・保育給付認定の1号認定を受け認定こども園に在籍している児童が、保育の必要性の認定を受けた場合で、施設の預かり保育を利用した場合も、無償化の対象となります。

【請求に必要となる書類】
・「施設等利用費請求書」
・「施設等利用費請求書 別紙1」
・「特定子ども・子育て支援提供証明書」(幼稚園が発行するもの)
・「預かり保育利用料に係る領収証」(幼稚園が発行するもの)

なお、幼稚園が提供する預かり保育事業のほか、認可外保育施設等を利用した場合でも無償化の対象となる場合(※)については、認可外保育施設を利用した際の「特定子ども・子育て支援提供証明書」と「認可外保育施設等利用料に係る領収証」も添付してください。
(※)在籍する幼稚園の預かり保育事業について、教育時間を含む平日の預かり保育の提供時間数が8時間未満又は年間(平日・長期休業中・休日の合計)開所日数が200日未満の場合のみです。

【請求受付期間】
請求は、1月、4月、7月、10月の各月1カ月間で、受け付けします。
請求受付から概ね1カ月以内で給付します。

【請求方法】
在籍する幼稚園において、申請取りまとめを行う場合は、園が定める期限までに必要書類の提出をお願いします。
(園での取りまとめを行わない場合は、流山市保育課に直接必要書類を提出してください。)

【支給額】
日額単価450円×利用日数分を上限とし、最大11,300円/月まで
(新3号認定の場合、最大16,300円/月)

私立幼稚園副食費補足給付に係る請求について

私立幼稚園に在籍する児童で、小学校3年生以下のお子さんから数えて第3子以降の場合や年収360万円未満相当世帯の場合は、給食費の副食費相当分の費用について、月額4,500円を上限に補足給付します。
請求の際は、本ページ下部「添付ファイル」項目から、「補足給付費請求書」をダウンロードの上、必要書類と合わせて流山市保育課にご提出ください。

【請求に必要となる書類】
・「施設等利用費請求書」
・「給食費領収証(副食費相当分が記載されたものに限ります)」(幼稚園が発行するもの)

【請求受付期間】
請求は、1月、4月、7月、10月の各月1カ月間で、受け付けします。
請求受付から概ね1カ月以内で給付します。

【請求方法】
流山市保育課に直接必要書類を提出してください。

【支給額】
月額上限4,500円まで

認可外保育施設等利用料の請求について

保育の必要性の認定(施設等利用給付認定2号または3号)を受けた方で、認可外保育施設等を利用した場合は、本ページ下部の「添付ファイル」項目から、「施設等利用費請求書」を使用し、流山市保育課に請求してください。なお、請求書は3カ月分ごとに作成してください。

【請求に必要となる書類】
・「施設等利用費請求書」
・「施設等利用費請求書 別紙2」
・「特定子ども・子育て支援提供証明書」(認可外保育施設等が発行するもの)
(ファミリーサポートセンターの預かりを利用した場合は「活動報告書」)
・「利用料に係る領収証」(認可外保育施設等が発行するもの)

【請求受付期間】
請求は、1月、4月、7月、10月の各月1カ月間で、受け付けします。
請求受付から概ね1カ月以内に支給します。

【請求方法】
利用する施設において、申請取りまとめを行う場合は、園が定める期限までに必要書類の提出をお願いします。
(施設での取りまとめを行わない場合は、流山市保育課に直接必要書類を提出してください。)

【支給額】
月額37,000円を上限に支給
(新3号認定の場合は42,000円を上限に支給)

幼稚園、国立大学附属幼稚園、特別支援学校幼稚部の保育料の償還請求について

国立大学附属幼稚園、特別支援学校幼稚部の保育料の償還払い請求に当たっては、本ページ下部「添付ファイル」項目からダウンロードできる「施設等利用費請求書」に、下記必要となる書類を添付の上、請求手続をしてください。
また、私立幼稚園利用者で、施設等利用費を法定代理受領していない施設(幼児教育無償化開始後も満額保育料を負担する施設)に在籍している方についても、本請求手続を参照してください。

【請求に必要となる書類】
・「施設等利用費請求書」
・「施設等利用費請求書 別紙3」
・「特定子ども・子育て支援提供証明書」(幼稚園が発行するもの)
・「保育料領収証」(幼稚園が発行するもの)
なお、新2号または新3号認定を受けた方で、預かり保育事業に係る給付を受ける場合は、預かり保育利用分に係る「特定子ども・子育て支援提供証明書」および「利用料に係る領収証」を提出してください。

【請求受付期間】
請求は、1月、4月、7月、10月の各月1カ月間で、受け付けします。
請求受付から概ね1カ月以内に支給します。

【請求方法】
在籍する幼稚園において、申請取りまとめを行う場合は、園が定める期限までに必要書類の提出をお願いします。
(園での取りまとめを行わない場合は、流山市保育課に直接必要書類を提出してください。)

【支給額】
(国立大学附属幼稚園)保育料月額8,700円を上限に支給
(特別支援学校幼稚部)保育料月額400円を上限に支給
(私立幼稚園)保育料月額25,700円を上限に支給(在籍する園の利用料給付方法が償還払いの場合)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 保育課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6124 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。