所得のあった方が転入された際の添付書類

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012847  更新日 平成30年11月1日 印刷

学生納付特例申請

所得の申告はしてありますか?

 学生納付特例を申請される際には、所得に関しての証明書(所得証明書や非課税証明書)の添付がなくても申請は可能ですが、前年の所得状況は審査されます。
 そのため、申請年度の前年の収入について、確定申告、住民税申告などがされている必要があります。
 申告等がされていない場合、所得状況がわからず、日本年金機構から申請書が返戻される場合がありますので、ご留意ください。
 
(例)
  平成30年度の学生納付特例は、平成29年1月から12月までの収入を審査します。
  平成29年1月から12月までの収入についての申告等は、平成30年1月1日現在の住所地でしていただきます。

また、申請書には、流山市に転入する前の住所地を記入してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 保険年金課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6077 ファクス:04-7150-3309
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。