ぐるっと流山 中野久木保育所 お正月あそび

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1040150  更新日 令和5年1月25日

印刷大きな文字で印刷

中野久木保育所で3~5歳児のクラスで行われたお正月遊び

 令和5年1月10日(火曜日)から13日(金曜日)まで、中野久木保育所で3~5歳児クラスの子どもたちがお正月遊びを行いました。カルタとり、福笑い、コマ回し、すごろくなど、お正月ならではの遊びが紹介され、子どもたちは楽しみました。

子ども達が福笑いを楽しむ様子

 福笑いは、「おかめさん」、「ひょっとこ」などがあり、子どもたちは好きな福笑いを選び、見えないように目をつぶって、台紙に顔のパーツを置いていきました。子どもたちは、どのような表情になったのかを友だち同士で見せ合い、いろいろな福笑いの顔を見て笑い合っていました。

5歳児クラスのオリジナルすごろく作り

 5歳児クラスでは、オリジナルすごろくを手作りしました。既製のすごろくとは違って、友だち同士で意見を出し合い、「3マス進む」、「スタートまで戻る」などいろいろな言葉を考えてすごろくを作りました。

こま回しに挑戦

 また、5歳児のクラスでは「こま回し」にも挑戦しました。こまを回すことやこまにひもを巻き付けることは難しかったですが、子どもたちは何度も何度も挑戦し、きつくひもを巻き付けるコツを友だち同士で伝え合い、こまが回ると満面の笑みを浮かべていました。

ペープサート

 お正月遊びのほかにペープサート(紙人形劇)も行い、昔から語り継がれている民話「十二支の始まり」を楽しみました。「十二支の始まり」は動物の性格や特徴から十二支における動物の順番を決めるいきさつが語られており、子どもたちは興味深く聞きながら、「ぼくは、さる年だよ」「今年はうさぎ年だよね」などと会話をしていました。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 保育課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6124 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。