ぐるっと流山 事故車両からの救出および泡放水訓練

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1029561  更新日 令和3年1月14日 印刷

訓練の様子

 令和2年12月の1カ月間、北消防署訓練場で事故車両からの負傷者救出訓練および油火災に対応した泡放水訓練を実施しました。
 この訓練で、組織的対応力および連携力の向上を図ることを目的としています。救出訓練では、交通事故車両において負傷者がハンドルに挟まれ脱出ができない想定のもと、消防隊と救急隊が連携し救助資機材などを活用して救出するという訓練を行いました。

訓練の様子

 また、泡放水訓練は、タンクローリーやガソリンスタンドなど、ガソリンなどの危険物に起因する火災に対応するためのものです。泡消火薬剤は、これらの火災を素早く消火し、かつ再燃を防止するため油面を被覆し空気を遮断します。
 危険物などの火災は、燃焼速度が速く、短時間で延焼するため各署員は集中して訓練に挑みました。

訓練の様子

 北消防署では、職員の新型コロナウィルス感染対策に万全を期したうえでさまざまな災害現場に応じて効率的に活動ができるように日々訓練を実施しています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。