ぐるっと流山 四季の花々展

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1028934  更新日 令和2年11月10日 印刷

「秋日和」をテーマに生け花作品4点を展示

写真:展示されている作品

 令和2年11月9日(月曜日)から13日(金曜日)まで、市役所1階ロビーで四季の花々展が開催されています。この展示は、流山市文化協会華道部(華道振興会)の協力のもと開催されているもので、今回は「秋日和」をテーマに4点の作品を展示しています。
 作品を展示しているのは、永井杏佳さん(小原流)、池田圭秋さん(草月流)、大川朱浦さん(草月流)、讃井一柚さん(都古流正派)です。

写真:展示されている作品

 永井さんは晒し雲龍柳(さらしうんりゅうやなぎ)、バラ、雪冠杉、デンファレ、白妙菊、千日紅を組み合わせて生けてくださいました。クリスマスを表現した作品で、華やかな仕上がりとなっています。雪を被ったようにきれいに色付いた雪冠杉の中に咲くバラが美しい作品です。
 池田さんは野バラ、ピンクッション、ドラセナを組み合わせて生けてくださいました。野バラの実や、鮮やかなオレンジ色のピンクッションなどを使用した秋を感じさせる作品です。ドラセナは緑色ではなく紫色のものを使用しています。

写真:展示されている作品

 大川さんはタニワタリ、サンゴミズキ、ダリアを組み合わせて生けてくださいました。直線的なサンゴミズキと大きなタニワタリと共に、絶妙なバランスで配置されたダリアが映える作品です。秋を感じる配色の花材が使用されています。
 讃井さんは野バラ、百合、ひば、鶏頭、小菊を組み合わせて生けてくださいました。紅葉したひば、野バラの実、真っ赤な鶏頭の組み合わせから、あたたかい秋の日なたが思い起こされます。蕾の百合が開くと、また違った趣が楽しめる作品です。

写真:展示されている作品

 展示は8時30分から17時15分まで(最終日は16時まで)ご覧になれます。次回は「初春」をテーマに令和2年1月4日(月曜日)から8日(金曜日)までの期間で開催予定です。

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。