ぐるっと流山 商店街と連携して江戸川台東自治会館でフードパントリー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1028683  更新日 令和2年10月26日 印刷

子ども食堂が商店街と協働でハロウィン企画

写真:お子さん連れが多く参加したフードパントリー

 令和2年10月25日(日曜日)、江戸川台東自治会館で食材やお弁当を無料で配布するフードパントリーが行われました。この活動は、「みんなの江戸川台キッチン」の皆さんが、公益財団オリックス宮内財団や流山市子ども食堂ネットワーク、NPO法人全国こども食堂支援センターむすびえ、とうかつ草の根フードバンク、流山市社会福祉協議会の協力を得て続けているものです。

写真:仮装して参加する方も

 今回のお弁当は、江戸川台東商店街の「だんごの楓」のおにぎりと、「食遊館あ・う・ん」のサンドイッチ170食分が配布されました。今回は10月ということでハロウィン企画。協力店でシールを貼ってもらうスタンプラリーも同時開催されました。スタンプカードには、「みんなの江戸川台キッチンは、地域の皆さんに支えられています。みんなで江戸川台をもりあげていきましょう!」と印刷されていました。

写真:協力店をスタンプラリーで回る様子

 自治会館で配布されたカードを手に、スタンプラリーによるハロウィン企画に参加したお子さん連れの家族は、次々と協力店を回っていきます。今回協力してくださったのは、「越後屋酒店」や「三思堂」、「フラワーデザインリリー」「マキノ洋品店」「シューズハウスフジタ」「鏑木精肉店」の6店舗の皆さん。協力店には、大きなポスターが貼られ、「トリック・オア・トリート」と言う子どもたちに、お店からあめやお菓子がプレゼントされました。

写真:スタンプラリーに参加する親子

 みんなの江戸川台キッチンによる次回のフードパントリーは、11月7日(土曜日)11時30分から江戸川台東自治会館で開催される予定です。「株式会社オリエンタリズム」の提供を受け、お弁当を1家庭2つまで(100個限定)の無料配布を計画されているそうです。流山市内では、現在11カ所の子ども食堂がありますが、新型コロナウイルス感染症の影響で、みんなで集まっての会食が難しいところでは、今回のようにフードパントリーを開催しています。

写真:子ども食堂を知ることができるブックカバーとしおり

 10月27日(火曜日)から展開される第74回読書週間に合わせて、森の図書館では、11月15日(日曜日)まで、市内にお住まいの漫画家・はしもとあやさんの協力を得て、子ども食堂を知ることができるブックカバーとしおりを配布中です。また、11月7日(土曜日)10時から12時まで同館で、家庭で余った食材などの寄付を受け付けるフードドライブを開催します。ぜひ、ご参加ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。