ぐるっと流山 姉妹都市の長野県信濃町に給水車を寄贈

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027375  更新日 令和2年7月10日 印刷

写真:全体図
旧型給水車の前に並ぶ信濃町副町長(左)と市職員

  令和2年6月23日(火曜日)、姉妹都市である長野県信濃町に給水車を寄贈しました。
  市上下水道局では、平成16年に購入した給水車(容量2,000立方メートル、マニュアル車、総重量8トン未満)の減価償却期間が過ぎたため、令和2年3月に若手職員にも運転しやすい最新型の給水車(容量2,000立方メートル、オートマチック車、総重量5トン未満)を購入しました。

写真:説明しているところ

 旧型の給水車もまだ十分に応急給水活動が可能だったことから、本市の姉妹都市である長野県信濃町に、同給水車の寄贈を相談してみたところ、ぜひ引き受けたいとのことでした。同日は上下水道局職員が信濃町役場を訪れ、同給水車を納車し、操作方法を説明しました。

写真:新型の給水車
新型給水車

 信濃町では、同給水車の配備によって、応急給水活動が前進し、車で直接近づくことのできない高所(約30メートル程度)などにおける給水も圧送給水することで可能になりました。町長をはじめ町役場の職員方々には大変喜んで頂けました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。