ぐるっと流山 双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024294  更新日 令和2年2月14日 印刷

写真:参加者の様子

 令和2年2月8日(土曜日)、十太夫福祉会館で「双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~」が開催されました。このイベントは、双子や三つ子を育てるパパ・ママの交流の場として、公民館が実施しているものです。この日は双子を妊娠中の方を含め、5組10人が参加しました。この日の講師は、保健センターの栄養士さんと保健師さんです。参加者の自己紹介では、「なかなか体重が増えないので心配です」「離乳食を始めたけれど、食が進まず困っています」など子育ての悩みが寄せられました。
 

写真:会場の様子

 栄養士さんからは、双子を妊娠・子育て中のママに向けて「まずはママが3食きちんと食べることが大切です。レトルト食品も上手に使ってください」とアドバイスがありました。すり鉢やスプーンの実物を見ながら、離乳食の説明もありました。これから離乳食を始めるパパ・ママからは「スプーンがとても小さくて驚きました」「こんなに色々な種類があることを初めて知りました」などの感想がありました。
 

写真:保健師さんの講義の様子

 保健師さんからは、「双子同士やほかのお子さんと成長を比較してしまうこともあると思いますが、個人差があるので焦らずに見守ってください。また、周りにサポートしてもらえる体制を出産前から整えることが大切です」とアドバイスがありました。双子を育てているパパ・ママたちは「一時保育を活用しています」「時々おばあちゃんに子どもを預けて、一人で過ごす時間を作っています」など経験談を共有していました。
 

写真:双子の様子

 次回の「さくらんぼくらぶ」は2月29日(土曜日)10時30分から11時40分まで、十太夫福祉会館で開催します。助産師の小林由美子さんをお招きして「双子ちゃんの子育てと妊娠中の過ごし方」をテーマに皆さんでお話しするだけでなく、簡単なエクササイズも行います。お問い合わせは、文化会館(電話04-7158-3462)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。