ぐるっと流山 災害応援協定を締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024259  更新日 令和2年2月6日 印刷

写真:協定書締結の様子

 令和2年2月5日(水曜日)、市長室で江戸川大学と「災害時における避難所等の施設利用に関する協定」を締結しました。本協定は、災害が発生した際に、大学の施設を市の指定避難所・指定避難場所として協力いただくことを定めたものです。これまでも江戸川大学は、市の指定避難所・指定避難場所としてご協力いただいていましたが、今回改めて第二体育館やサブグラウンドなどの施設利用にもご協力いただく内容を盛り込みました。
 

写真:締結式の様子

 協定締結にあたり、井崎市長は「人口が増えているエリアで、市民のための場所を提供していただけるのは心強いです」と述べました。江戸川学園の木内理事長は「江戸川大学は「地域に開かれた大学」という大きなテーマを掲げています。避難所などの提供だけでなく、今後もさまざまな形でご協力できればと思います」と語ってくださいました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。