ぐるっと流山 赤い羽根共同募金チャリティーコンサート 新春カジュアルコンサート in 森の図書館

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024166  更新日 令和2年1月17日 印刷

写真:会場の様子

 令和2年1月12日(日曜日)、森の図書館で赤い羽根共同募金チャリティーコンサート「新春カジュアルコンサート in 森の図書館」が開催されました。出演は、社会人ビッグバンド「スイング・パラドックス・オーケストラ」の皆さん。スイング・パラドックス・オーケストラは流山を中心に近隣から集まったメンバーで構成され、定期的に森の図書館の施設で練習されています。毎年森の図書館主催のコンサートなどで練習の成果が披露され、地元の方々に喜ばれています。

写真:展示品の様子

 今回のコンサートは、チケット代の一部などを千葉県共同募金会を通じて被災地の復興や地域福祉のために役立てるチャリティー企画で、森の図書館・株式会社すばるの主催、流山市社会福祉協議会の後援で開催されました。
 

写真:演奏中の様子

 当日は、バンドメンバー全員が赤い羽根を胸に演奏されました。サックスパートは中村善行さん、荒川利行さん、堀内葉瑠菜さん、富田孝志さん、今村由佳子さん、熊谷守男さん、トロンボーンパートは中澤哲典さん、佐久間幸雄さん、真砂豊さん、伊藤久さん、遠藤久美さん、トランペットパートは向出聡さん、吉田顕一郎さん、飯岡弘之さん、菅野貴子さん、リズムパートはピアノの島田亮さん、ベースの西川龍義さん、ギターの千葉勇人さん、ドラムの小池隆さんと、19人の皆さんが華麗な演奏を披露しました。

写真:会場の様子

 会場には、69人のジャズファンが集まり、「Take Five」や「Take The“A”Train」、「April Wind」など16曲を堪能。アンコールでは映画「ロッキー」のテーマが披露され、客席からトランペットを吹きながら登場する演出でエンディングを盛り上げました。松ケ丘在住の瀬川正久さん(87歳)は、「中学1年生のときに疎開先の長野で終戦を迎え、ラジオからジャズが流れてきた時に平和を実感しました。こうしたジャズコンサートにはできるだけ足を運んで楽しんでいます」と感想を聞かせてくださいました。

写真:会場の様子

 今後、森の図書館では、「森の図書館とbeyond2020展」「体験で学ぶ読み聞かせ講座~コツがわかると子どもや孫に読んでみたくなる!」「おもちゃ病院開院~子ども達の「ものを大切にする心」を育てるおもちゃ病院」などさまざまなイベントを開催予定です。お問い合わせは森の図書館(電話:04-7152-3200)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。