ぐるっと流山 双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023658  更新日 令和1年11月29日 印刷

写真:懇親を深める参加者

 令和元年11月10日(日曜日)・24日(日曜日)、南流山福祉会館で「双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~」が開催されました。このイベントは、双子や三つ子を育てるパパ・ママの交流の場として、公民館が実施しているものです。

写真:パパに抱っこされている双子の赤ちゃん

 1日目の講師は助産師の小林由美子さんです。「双子ちゃんの子育てと妊娠中の過ごし方」をテーマに、双子を子育て中の方と双子を出産予定の方、4組14人が参加しました。
 双子の子育てには、パパを含めた周囲の協力は欠かせません。この日も赤ちゃん1人を抱っこしながら、もう1人をおんぶしてあやすパパの姿が見られました。妊娠中どのようなサポートをしていたか、出産後は夫婦でどのように育児を分担しているかなどパパの目線からも情報交換をしていました。

写真:おもちゃで遊ぶ子どもたち

 2日目の講師は保健センターの保健師が担当し、4組15人が参加しました。首や肩のストレッチをして体をほぐした後、「双子を連れて外食するにはどうしたらいい?」「哺乳瓶は何本持っている?」「育児に役立つおすすめのグッズは?」など情報交換を行いました。保健師からは「育児グッズを活用するなど、双子の子育ては頑張りすぎないことが大切です。パパとママが笑顔でいることがお子さんにとって一番ですよ」とお話がありました。

写真:座布団の上で横になる赤ちゃん

 参加者からは、「先輩方の情報を聞けて勉強になりました」「自分と同じように2人目・3人目の子どもが双子という方に会えて嬉しかったです」などの感想がありました。
 次回の「さくらんぼくらぶ」は2月8日(土曜日)・29日(土曜日)に十太夫福祉会館で開催します。お問い合わせは文化会館(電話04-7158-3462)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

流山市役所
代表電話:04-7158-1111
〒270-0192 千葉県流山市平和台1-1-1