ぐるっと流山 動物愛護セミナー2019

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023604  更新日 令和1年11月23日 印刷

写真:会場に展示されたパネル

 令和元年11月17日(日曜日)、生涯学習センター(流山エルズ)で、千葉県愛玩動物協会と流山市の共催による「流山市動物愛護セミナー2019」が開催され、犬の飼い主や犬に関心のある方など46人の方が参加しました。
 ペットは家族の一員であると同時に地域社会の一員として、地域社会から受け入れられる存在であることが重要なことから、今回は犬と人との共生する社会を目指すため、「愛犬のしつけかた」の講演と災害時にペットが置かれた状況などを紹介するパネル展示を行いました。

写真:講演会に集まる参加者

 講演は、公益社団法人日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクターの矢崎潤さんから「愛犬のしつけ方」について次のお話がありました。「犬はどんな動物であるかのお話があり、吠え・色々な場所での排泄・飛びつきなどは、正常な行動であること」、「「犬のしつけ」はお互いが快適に暮らすために必要であり、各家庭によって犬の育て方には違いがあること。しつけ方は、何が「正しい」かは難しいけれど「安全」かどうかは見てわかること。安全な方法でしつけすること」、「犬の困った行動を減らすには生活のニーズを満たすことが必要であること」、「動物と暮らす飼い主 三箇条1.動物が幸せであり、最後まで大切にされること。2.飼い主が動物との暮らしを楽しんでいること。3.周囲の人に迷惑をかけないこと」

写真:講演会に集まる参加者

 講演終了後の個別相談では、千葉県愛玩動物協会の駒田さんをはじめ、同協会のペットケアアドバイザーがペットのお悩み相談に来られた方へ親身に答えていました。参加者からは、いろいろな事例で説明がありとても分かりやすかった。今まで思っていたことと違うことがたくさんあった。新しい知識が得られた。など多くの感想をいただきました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。