ぐるっと流山 四季の花々展

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023528  更新日 令和1年11月14日 印刷

「秋麗」をテーマにした生け花作品4点を展示

写真:生けこみのようす

 令和元年11月15日(金曜日)まで、市役所1階ロビーで四季の花々展が開催されています。この展示は、流山市文化協会華道部(華道振興会)の協力のもと開催されているもので、今回は「秋麗」をテーマに、4点の作品が展示されています。

写真:展示されている生け花

 作品を展示しているのは、高橋花文さん(龍生派)、金本真泉さん(松山流)、根本正泉さん(松山流)、大川朱浦さん(草月流)です。
 高橋さんは、野バラを中心に、クジャク草やご自身が育てた小菊など、小輪の花を取り合わせ、華やかな作品に仕上げました。
 金本さんは、リンドウやキク、ツバキを組み合わせて繊細な中にも力強さを感じさせる作品を生けました。

写真:展示されている生け花

 根本さんは、タニワタリとアカメ柳で動きを表現し、赤いバラ、白のクジャク草、ピンクのスプレイマムと華やかな色合いの花を合わせています。
 大川さんは、キイチゴやサンゴミズキ、ピンクッションなどを組み合わせ、紅葉の秋らしさを表現しています。
 次回は「初春」をテーマに令和2年1月6日(月曜日)から10日(金曜日)まで開催予定です。こちらも、ぜひ、ご鑑賞ください。

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。