ぐるっと流山 ザ・サードコースト・ジャズオーケストラライブ2019

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022992  更新日 令和1年10月4日 印刷

社会人ビッグバンドが赤い羽根共同募金を呼び掛け

写真:コンサートの様子

 令和元年9月28日(土曜日)、生涯学習センター(流山エルズ)で赤い羽根共同募金チャリティ企画「ザ・サードコースト・ジャズオーケストラライブ2019」が開催されました。昨年度までは入場できない方々もいらした人気のコンサートですが、今年度は小学校の運動会と重なったこともあり、300席の会場にご来場された皆さんが初めて全員入場できました。
 このコンサートは入場無料ですが、会場に赤い羽根で親しまれている共同募金活動の募金箱が設置されるチャリティ企画で、当日は102,953円の浄財が寄せられました。あたたかい善意は、社会福祉法人千葉県共同募金会を通じて、被災地復興支援などさまざまな地域福祉活動のために大切に使われます。

写真:コンサートの様子

 バンド名の「サード・コースト」は、東京湾で残された数少ない自然の宝庫でもある「三番瀬」にちなんで名付けられた船橋や松戸、流山などの20代から70代までの社会人によって構成されています。赤い羽根を胸に迫力の演奏を披露してくださいました。主催は流山市生涯学習センター指定管理者アクティオ株式会社、共催は流山市社会福祉協議会、協力はザ・サードコースト・ジャズオーケストラという形で続けられているチャリティイベントです。

写真:コンサートの様子

 バンドマスターの関野憲司さんは、照明や音響のホールスタッフに舞台から感謝の言葉を贈られていました。また、コンサートマスターの徳田直毅さんは、朝日新聞をはじめフリーペーパーの「シティオペラ」、ポスティング紙の「ぱど」、タウン誌「なちゅら」「月間ハロー」「月刊とも」、地域サイトの「まいぷれ」、流山市社会福祉協議会の広報紙「ながれやま福祉だより」などでの周知に謝意を贈られました。

写真:コンサートの様子

 出演は、(Tp)関野憲司さん、大山達雄さん、青山節子さん、外山博さん、渡研二さん、鈴木寛己さん、(Tb)二木友也さん、田中千晶さん、福原隆さん、(Btb)廣戸康平さん、(As)徳田直毅さん、加藤貴宏さん、(Ts)山岸友和さん、米山宣明さん、(Bs)高岩研さん、(Pf)佐野歌子さん、(Ba)柴森優さん、(Gt)中村翔さん、(Dr)坂上学さんという皆さんでした。

写真:コンサートの様子

 2歳8カ月のご長男、生後9カ月のご二男を連れて後平井からいらした中村結花さん(35歳)は、「身近な会場で、楽しみながらチャリティ活動ができて、何よりバンドの皆さんが楽しみながら演奏されていらっしゃる雰囲気が素敵ですね」と感想を聴かせてくださいました。

写真:コンサートの様子

 ザ・サードコーストジャズオーケストラの皆さんは10月5日(土曜日)、JR松戸駅周辺で開催される松戸祭の屋外ステージで14時頃よりご出演されます。また、12月14日(土曜日)にはJR船橋駅前のきららホールで第15回レギュラーコンサートを開催される予定とのことです。なお、赤い羽根で親しまれている共同募金活動は10月1日(火曜日)から令和2年3月31日(火曜日)まで展開されます。皆様のご協力をお願いします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。