ぐるっと流山 子どもアート交流企画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022495  更新日 令和1年8月14日 印刷

写真:子どもアート交流企画の様子

 令和元年7月23日(火曜日)、おおたかの森センターで子どもアート交流企画が開催されました。このイベントは、アートのワークショップを通じて姉妹都市交流を図ることを目的に企画され、当日は流山市の小学生30人と、姉妹都市である石川県能登町の小学生30人がアートを通じて親交を深めました。

写真:製作中の子どもの様子

 講師を務めるのは、流山市在住の画家・ミヤザキケンスケさん。世界各地で現地の人々とともに壁画を制作するプロジェクトを開催するなど、世界を股に掛けて活躍されています。今回の創作のテーマは「カラーフレンズ」。一人ひとりが描かれたハッピーな作品になるようにという思いが込められています。

写真:色付けする子どもたちの様子

 ワークショップでは、60人の子どもたちがいくつかのチームに分かれ、初対面のお友だちとペアを組んでクレヨンや色紙などの材料を使ってお互いの似顔絵を創作します。初めは少し恥ずかしそうな表情の子どもたちも、会話をしながら真剣なまなざしでお互いの特徴を見つけていました。
 10メートルにも及ぶキャンバスに似顔絵を貼り付けて完成です。ゲーム的な要素を取り入れた発表の時間には、上手に特徴を捉えた作品の数々に会場から驚きの声があがりました。

写真:全体写真の様子

 この日参加した流山の子どもたちは1年生から6年生までと幅広かったのに対して、能登からは全員が6年生のお兄さんお姉さんたち。学年を超えてアートによる交流を楽しんでいました。「流山の小さな子たちが、陽気で楽しそうだったので、自分も楽しい気持ちになれました」と能登町の6年生の女の子。対する流山の子どもたちからは「6年生の人が面白くてまた会いたいです」などの声が聞かれました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。