ぐるっと流山 書楽野ばら会の作品展示

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021967  更新日 令和1年6月19日 印刷

写真:展示される作品

 令和元年6月14日(金曜日)、文化会館に「書楽 野ばら会」(澤田不二代代表)の作品が展示されました。これは、文化会館を利用する団体の作品発表の場として設けられたスペースで、これまでもアさまざまな団体が作成した力作が紹介されてきました。

写真:飾られている写経

 今回は文化会館で月2回書を楽しみながら学んでいる書楽 野ばら会の皆さんの作品で、かなや、かまぼこ板に描かれた絵と書、ていねいにきれいに書かれた般若心経など多数の作品が展示されています。今年のテーマは「仮名のルーツ」。かな文字のルーツとなる漢字を紹介するコーナーでは、「仮名の元の漢字がこれだなんて知らなかったですね」と見入っている方もいました。かまぼこ板シリーズのコーナーでは、さまざまなかわいらしい鳥が描かれていました。

写真:会員の皆さん

 30年以上活動するベテランの方から、今年入った方まで13人で活動している野ばら会の皆さん。「人生最後まで続けられる趣味をと思って会に入りました。とても楽しいです」と今年入った方はにこやかに話してくれました。澤田代表は、「写経は心穏やかになります。これからも続けていきたいですね」と話してくれました。展示は6月28日まで。ぜひ心のこもった作品をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。